TABIZINE > 中部 > 富山県 > お土産 > 夏のギフトに!【富山で170年の伝統】を誇る大門そうめんがおいし過ぎる

夏のギフトに!【富山で170年の伝統】を誇る大門そうめんがおいし過ぎる

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

2:他のそうめんにない歯ごたえがある

夏のギフトに!【富山で170年の伝統】を誇る大門そうめんがおいし過ぎる

すぐに伸びてしまったり、水っぽくなって切れてしまったりするそうめんも少なくありません。

しかし『大門素麺』は、めんそのものに適度な歯ごたえがありますので、伸びにくく、温かいスープでいただいてもおいしいです。

同そうめんは半乾きの状態で丸曲げにした後、本乾燥まで10日ほどの時間を費やします。その間に小麦粉に含まれる成分が強まり、他のそうめんには決して見られないような粘り気が出るとか。

単なるのど越しだけではないそうめん、ぜひとも味わってみてください。

3:ストーリー性も抜群

夏のギフトに!【富山で170年の伝統】を誇る大門そうめんがおいし過ぎる
(C)坂本正敬

自分で何かを買うとき、あるいは人に贈るとき、ストーリー性を大事にしたいですよね? 『大門素麺』も人に語りたくなるポイントが満載です。

見た目の独特さはもちろん、生産工程の多くがいまだに手作業だとか、170年近く続く伝統の製法が守られているだとか、生産者によってはめんの乾燥を冬の晴れ間に天日干しで行っているだとか、伝えたい魅力がぎっしりです。

県内の物産品の中でも、特に富山県が自信を持って勧める極上の産品として、『大門素麺』を認定しているという強みもあります。

掘り下げるほど面白い話が出てくるそうめん。この夏は自分用に、あるいは大切な人のために『大門素麺』を購入してみては?

1個600円程度と決して安くはないそうめんですが、その値段の高さも『大門素麺』の特別さを物語っています。ぜひともこの夏、食べてみてくださいね。

[大門素麺 – JAとなみ野]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


,,,, | グルメ,お土産,豆知識,中部,富山県,お土産,グルメ,豆知識


富山県のお土産関連リンク


試行錯誤してやっと出来上がった「氷ぷりん」 試行錯誤してやっと出来上がった「氷ぷりん」
賞味期限10分の幻のアルペンチーズケーキ 賞味期限10分の幻のアルペンチーズケーキ
おわら風の盆 女性1 おわら風の盆 女性1
ホットドラバター ホットドラバター
【富山】居心地いいから立ち寄って!リニューアルした道の駅・庄川 【富山】居心地いいから立ち寄って!リニューアルした道の駅・庄川
標高2,450mの鉄道駅で限定販売!『星の雫』は20周年の超人気スイーツ 標高2,450mの鉄道駅で限定販売!『星の雫』は20周年の超人気スイーツ
金づちで砕く!?歯が折れるほど堅い鯖江のメガネ型パンが斬新すぎる・・・ 金づちで砕く!?歯が折れるほど堅い鯖江のメガネ型パンが斬新すぎる・・・
富山でNo.3の集客力を誇る観光名所はなんと道の駅だった 富山でNo.3の集客力を誇る観光名所はなんと道の駅だった
【富山】北陸新幹線でGo!渚100選の海岸でヒスイを拾う週末女子ひとり旅 【富山】北陸新幹線でGo!渚100選の海岸でヒスイを拾う週末女子ひとり旅
1 2 NEXT

#おすすめ #そうめん #ギフト #人気 #手土産



グルメ お土産 豆知識 中部 富山県 お土産 グルメ 豆知識