TABIZINE > 旅のハウツー > パスポートを海外で紛失した時は?〜警察へ紛失届け、再発行期間、費用まで〜

パスポートを海外で紛失した時は?〜警察へ紛失届け、再発行期間、費用まで〜

1人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

パスポートの再発行、又は渡航書の発行手続きを行う

【旅Tips】パスポートを海外で無くした時の対処法

紛失届けが完了したら、合わせてパスポートの再発行か渡航書の発行を行います。「渡航書」とはすぐに帰国する場合の臨時のパスポートのようなもので、72時間(3日間)など短い期間が設定され、その期間までに日本に帰国する場合に有効な書類となります。そのため、紛失後にすぐに日本に帰国する予定がある場合は渡航書、紛失後も長期滞在予定の場合は新規でパスポートの再発行を行いましょう。

パスポートの再発行を行う場合の書類は以下となります。

・一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
・戸籍謄本又は抄本 1通
・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1枚

すぐに帰国する場合の渡航書の発行を行う場合は、以下の書類が必要となります。

・渡航書発給申請書 1通
・戸籍謄本又は抄本 1通 又は日本国籍があることを確認できる書類
・写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1枚
・その他日程等が確認できる書類(航空券のコピーなど帰国日が分かるもの)

この際、注目したい点は「戸籍謄本又は抄本」です。海外旅行時にこれらを持っている人は少ないのではないでしょうか。そのため、パスポートの再発行時には日本から郵送やFAXなどで送付してもらう必要があります。渡航書の場合は帰国だけが目的のため、運転免許書などの日本国籍が証明できるものでも申請が可能です。

これらの発行にかかる期間は、渡航書で最短当日発行、パスポートの再発行で3日~10日ほどです。現地大使館などの状況によって、これ以上に時間がかかる場合もありますので、できれば余裕を持って申請を行っておきたいものですね。

また、パスポートの再発行にかかる費用(手数料)は新規申請時と同様で5年間有効な旅券(12歳以上)11,000円、10年間有効な旅券(20歳以上)16,000円。渡航書の場合は2500円程度の費用(手数料)がかかるそうです。いずれも現地通貨での用意が必要となります。

FUTA

FUTA ライター
IT会社を経てフリーへ転身。趣味は旅と音楽と読書。人が生み出すクリエイティビティが好き。世界の歴史や文化を学びつつ、現在の様々なトレンドをウォッチしています。いつでも旅心を忘れないのがモットー。密かに世界一美味しいコーヒーを探してます。

,,,,, | 旅のハウツー


旅のハウツー関連リンク

タイ・バンコク タイ・バンコク

アメリカのイメージ アメリカのイメージ
ドリンク ドリンク
五稜郭 五稜郭

グアム グアム


ハワイ ハワイ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#パスポート #対処法 #旅行 #期間 #海外 #費用



旅のハウツー