> > > > 雨の街シアトル発!雨の日が待ち遠しくなる7つのアイデア

雨の街シアトル発!雨の日が待ち遠しくなる7つのアイデア

ライター: トゥルーテル美紗子
掲載日: Jun 8th, 2016.

雨の街シアトル発!雨の日が待ち遠しくなる7つのアイデア

先週末、東京も梅雨入りしました。降り続く雨に、気分が落ち込んでしまうかもしれません。

ところで世界には1年中梅雨のような街があり、シアトルもその一つです。1年の3分の2は曇りか雨というこの地では、いかに雨の日を楽しく過ごすかが常に最大の関心事です。

そこで本稿では、シアトル人たちが雨の日を楽しくするために実行しているアイデアを7つご紹介します。もしかしたら晴れた日よりも雨の方が待ち遠しくなってしまうかもしれません。





動物園に行く

雨の街シアトル発!雨の日が待ち遠しくなる7つのアイデア

雨の日の動物園には、普段とは違う魅力があります。来園客が少ないため動物たちがリラックスしており、また晴れた日には見せない行動をとる動物もいます。
シアトルの動物園では「雨の日ツアー」が催され、親子連れなどに喜ばれています。

動物園で爬虫類を見る

雨の街シアトル発!雨の日が待ち遠しくなる7つのアイデア

「でも、雨の日に園内を歩くなんて大変だわ」という方は、爬虫類館へ行きましょう。屋内なので安心です。雨の日は爬虫類がじっとおとなしく身を潜めているそうなので、観察にももってこいです。

,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,豆知識,豆知識


アメリカの現地レポート関連リンク

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#シアトル #過ごし方 #雨の日