> > > > 【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

美しすぎるストラスブール大聖堂

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

ストラスブールを語るうえで欠かせないのがストラスブール大聖堂。かの文豪ゲーテが「荘厳な神の木」と称賛したという、ストラスブールが誇るランドマークです。

1015年に建てられた聖堂を前身とし、その後1176年から263年もの歳月をかけて1439年に完成しました。ヴォージュの山から切り出された赤色砂岩でつくられていることから、その外観は赤味を帯びた色合い。荘厳さと優雅さが同居した独特の存在感が見るものを魅了します。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

レースのようにびっしりと外壁を覆い尽くす彫刻は見れば見るほど圧巻で、その美しさにはため息が出るほど。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」
(C) Haruna Akamatsu

外観のみならず、内部の色鮮やかなステンドグラスや世界最大級の天文時計も必見です。また、高さ66メートルの大聖堂の展望台からはストラスブール市街を一望することができます。

メルヘンの世界! プティット・フランス

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

「運河の街・ストラスブール」がもっとも実感できるのが、イル川の本流が4つの支流に分かれる地帯にあるプティット・フランス地区。中世の時代には皮なめし職人の館があったこの地区は、「コロンバージュ」と呼ばれる木組みの家々が集中するエリア。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」

個性あふれるカラフルな木組みの家々が並ぶ風景を見ているだけで心躍ります。ストラスブールのなかでも趣あるエリアだけにおしゃれなカフェやレストランも多いので、ゆったりとした心安らぐひとときを過ごしましょう。

アルザス博物館でアルザス文化に触れる

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」
(C) Haruna Akamatsu

ストラスブールにある美術館・博物館のなかでも特におすすめなのがアルザス博物館です。古いアルザスの伝統家屋を利用しているので、この建物に足を踏み入れること自体が特別な体験。なかなか中に入る機会のない古い木組みの建物をじっくりと見ることができます。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第13 回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」
(C) Haruna Akamatsu

館内には18~19世紀にかけてアルザス地方で使われていた生活用品の数々が展示されており、昔のアルザスの人々の生活ぶりがうかがえます。文化を知ればこの地方により一層の愛着がわくはずです。

,,,, | 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,現地ルポ/ブログ,観光


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク

Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース) Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース)



美しいガロンヌ川を眺めながら食べるアイスは格別のおいしさ 美しいガロンヌ川を眺めながら食べるアイスは格別のおいしさ
アンティーブAntibes アンティーブAntibes
テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋 テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋
フランス南西部の町・フォア。駅から要塞が見えます フランス南西部の町・フォア。駅から要塞が見えます


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT