> > > > 連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第3話/人間も愛しかたも一色じゃない

連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第3話/人間も愛しかたも一色じゃない

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Aug 17th, 2016. 更新日: Sep 12th, 2016
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

私はニューヨークなんか、興味がなかった。

なのに、私はニューヨークを歩き回っている。そして、ニューヨーカー(男性)とお茶なんかしちゃっている。自分でも信じられないけど。

私の名前は、白雪ひとみ(しらゆきひとみ)。通称「ヒメ」。


代官山にあるようなカフェで、ニューヨーカーとデート

連載小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第3話
(C) Hideyuki Tatebayashi

私はクイーンズ区のアストリアというエリアに来ているの。ここはマンハッタンのミッドタウンからイーストリバーを越えて、地下鉄で5分くらいの場所。元々は、ギリシャ人が多かったみたい。治安の良さから、今は日本人も多くここに住んでいるんですって。このアストリアのあたりは、ショップやレストランもずらっと並んでいるし、クイーンズ区で一番の都会。雰囲気は東京の代官山に似ているかしら。ここで何をしているのかというと、ニューヨーカーとお茶しているの。

| 豆知識,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク


© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ニューヨーク