> > > > 祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つの魅力

,,,,,, | 観光,九州・沖縄,長崎県

祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つの魅力

ライター: Nao
更新日: Jun 15th, 2017

祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つ魅力 (C) 五島市観光協会

九州の最西端に位置し、約140もの島が連なる長崎県・五島列島。禁教令の間、キリスト教信者達の潜伏・復活の地であり、2018年の世界文化遺産登録を目指す取り組みが進められていることでも注目を浴びています。今回は人生に一度は訪れたい、五島列島の7つの魅力をご紹介しましょう。

弾圧による歴史を乗り越えてきた教会群

江戸時代の禁教令下、仏教徒を装いながら潜伏キリシタンとしてキリスト教信者が移り住んだ五島列島。1873年、明治政府によって禁教令が解かれると信者は信仰の自由を教会建築という形で表現。島にはいくつもの教会が建てられました。現在もなお50の教会が存在し、島の人々によって大切に守られています。

頭ヶ島天主堂
祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つ魅力 (C) 長崎の教会群インフォメーションセンター

西日本では唯一の石造りの頭ヶ島天主堂。1887年に木造教会が建てられ、1919年に現在の石造り教会が完成。2018年の世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産※」を構成する「頭ヶ島の集落」に包括される教会でもあります。

※平成28年9月1日、世界遺産登録推進会議において名称が「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」から「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 に変更となりました。

水ノ浦教会
祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つ魅力 (C) 五島市観光協会

水ノ浦の入江を望む丘に立つ1880年創建の水ノ浦教会(1938年改築)。日本で現存する木造教会堂としては最大規模だそう。白い外壁が青空に映え、優美な雰囲気。

江上天主堂
祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つ魅力 (C) 五島市観光協会

1918年創建された江上天主堂。クリーム色の外壁に、水色に塗られた窓枠がアクセントとなった可愛らしい印象。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する「江上集落」に包括される教会です。

旧五輪教会堂
祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つ魅力 (C) 五島市観光協会

1881年に浜脇教会として建てられた教会が、1931年に現在の場所に移築された旧五輪教会堂。木造瓦葺平屋建ての外観、ゴシック様式の内装が織りなす、和と洋が混在した貴重な建築。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する「久賀島の集落」に包括される教会です。

,,,,,, | 九州・沖縄,観光,観光,長崎県