> > > > フランス人は日曜日、街に遊びに行かない〜フランスと日本の週末の違い〜

フランス人は日曜日、街に遊びに行かない〜フランスと日本の週末の違い〜

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

あえて何もしない日曜日

パリジャン・パリジェンヌに学ぶ休日の過ごし方

パリジャンの中には日曜日あえて何もしないという選択もあります。何もしないなんてせっかくの休日がもったいないと思う人もいるかもしれませんが、日曜日ぐらい何かに忙しくなるのではなく、身体も心も休める為にも、赴くままにゆったりと起きて、簡単に昼ごはんを食べて、家で映画を見たり、読書をしたり、昼寝をしたりして過ごします。ダラダラと過ごす休日にように捉えられがちですが、時には何もしないことの大切さも必要なんだというのがフランス人の考え方です。

日曜日が変わる?新しいパリの日曜日

パリジャン・パリジェンヌに学ぶ休日の過ごし方

昨年、法律が変わり、日曜日も開くお店が増えました。おしゃれのメッカ、マレ地区のデパートBHVや観光客に大人気のオペラ座のデパートギャラリーラファイエットなど、日曜日もお店が開くようになり、パリの街も、そしてパリジャン、パリジェンヌの日曜日に対する考え方も変わってきました。

この新しい法律が成立する時、様々な議論が巻き起こりました。伝統的に日曜日は休むというフランスの習慣は守らなければならない、家族と過ごす日曜日がなくなってしまうなどという反対の意見も多かったのですが、日曜日に店を開けるか閉めるかという選択を持つことは大切なこと。この時代に日曜日店を閉めるなんで時代錯誤だという賛成の意見も多くありました。私たち日本人にとって日曜日はどこのお店も開いているので、そんな大した法律ではないように思ってしまいますが、フランス人にとって日曜日の伝統やライフスタイルが変わってしまうという大きな変化なのです。それに戸惑うフランス人もいれば、喜びを感じているフランス人もいるのです。

パリジャン、パリジェンヌの休日の過ごし方は人生において大切なことに気づかせてくれるように思います。家族と過ごす時間の大切さ、自然の中でゆったりとする時間、芸術に触れること、あえて何もせず身も心も休めること。今週の週末はショッピングなどただ街中で過ごすのではなく、心に潤いを与えるような休日を過ごしてみませんか。

長期休暇の過ごし方については、「このままでいいの?日本人〜日本とフランスの休暇、4つの違い〜」で紹介していますよ。

[All Photos by Shutterstock.com]

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


,,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,現地ルポ/ブログ,豆知識


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク


シャモニー「エギュイーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)」 シャモニー「エギュイーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)」

Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース) Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース)



美しいガロンヌ川を眺めながら食べるアイスは格別のおいしさ 美しいガロンヌ川を眺めながら食べるアイスは格別のおいしさ
アンティーブAntibes アンティーブAntibes
テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋 テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT