> > > > 一生に一度は行ってみたい!フォトジェニックな南フランスの可愛い村6選

一生に一度は行ってみたい!フォトジェニックな南フランスの可愛い村6選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ルシヨン

心癒す絶景、一度は行きたい南フランスの可愛い村6選

白い石造りの建物が並ぶ村が多いプロヴァンス地方にあって、「赤い村」として異彩を放っているのが、ルシヨン。ゴルドと同じく、「フランスの最も美しい村」に認定されています。

心癒す絶景、一度は行きたい南フランスの可愛い村6選

ルシヨンは、黄色顔料の原料であるオークルの丘の上に築かれた村で、民家の壁も、鐘楼も、村全体が赤く染められています。一口に「赤」といっても、黄色に近いものから、オレンジ、ピンクまで、美しいグラデーションが見る者を楽しませてくれます。天候や時間帯によってもその表情を変える赤にきっと魅了されるはず。

心癒す絶景、一度は行きたい南フランスの可愛い村6選

現在オークルの採取はほとんど行われていませんが、ウォーキングコースとして整備されているかつての採取場跡では、「巨人の道」と呼ばれるダイナミンクな景観を楽しむことができます。

ムスティエ・サント・マリー

心癒す絶景、一度は行きたい南フランスの可愛い村6選

「プロヴァンスの秘境」とも呼ばれるヴェルドン渓谷の近く、切り立った岩山をバックにひっそりとたたずんでいるのが、ムスティエ・サント・マリー。ダイナミックな岩山の景観と名産の陶器「ムスティエ焼」で知られる、「フランスの最も美しい村」のひとつです。

村を見下ろす2つの岩山のあいだには、銀色の星がぶら下がっており、13世紀から何度も架け替えられながら、村を守ってきたのだとか。

心癒す絶景、一度は行きたい南フランスの可愛い村6選

荒々しい岩山と、中世の面影を残すパステルカラーの優しい街並みとのコントラストが印象的。小川のせせらぎ、ほのかなラベンダーの香り、色とりどりの陶器・・・五感に訴えかけてくるムスティエ・サント・マリーの村は、歩くだけで心満たされる場所です。

心癒す絶景、一度は行きたい南フランスの可愛い村6選
(C) Haruna Akamatsu

時代が移り変わろうとも、昔ながらの風景を守り続けてきた南フランスの村々。素朴な温かみを残しつつも、フランスらしいエスプリがきいた可愛らしい街並みに、きっとあなたも恋に落ちるはずです。

もっとフランスも魅力的な土地が知りたくなった方。一生に一度は行ってみたい!「本当のフランス」を感じる最も美しい村6選も合わせてどうぞ。

[Photos by Shutterstock.com]

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


,,, | 観光,ヨーロッパ,フランス,観光


フランスの観光関連リンク

【新型コロナウイルス:速報】続報フランスの現地情報。出入国やイベントについて 【新型コロナウイルス:速報】続報フランスの現地情報。出入国やイベントについて





お土産にぴったり!おしゃれすぎる缶詰のお店「Conserverie la belle-iloise(コンセルヴリィ・ラ・ベル・イロワーズ)」 お土産にぴったり!おしゃれすぎる缶詰のお店「Conserverie la belle-iloise(コンセルヴリィ・ラ・ベル・イロワーズ)」
人気のセレクトショップ「Merci」の素敵すぎるカフェ「Le Used Book Café(ユーズド・ブック・カフェ)」 人気のセレクトショップ「Merci」の素敵すぎるカフェ「Le Used Book Café(ユーズド・ブック・カフェ)」
バケツいっぱいにムール貝 バケツいっぱいにムール貝
待ちきれず食べ歩きしました 待ちきれず食べ歩きしました
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

観光 ヨーロッパ フランス 観光