> > > > 読書で世界一周する女性から学ぶ「世界を読む旅」。そこで見えるものとは?

読書で世界一周する女性から学ぶ「世界を読む旅」。そこで見えるものとは?

ライター: Migge
掲載日: Dec 28th, 2016.

世界一周と聞いた時あなたはどのようなイメージが湧きますか? 多くの人が「旅行」という文字を思い浮かべるのではないでしょうか。

世界一周の旅に出る人が多くいる中、イギリスのアン・モーガンさんは世界の本を読破することを目的としたプロジェクトA YEAR OF READING THE WORLDをスタートし世界中から注目を集めています。


気がつけば自国の本ばかり読んでいた



イギリスに住む多読家としてしられるアン・モーガンさんは世界中にたくさんの国と文化があるのにもかかわらず、ふと気がつけば自国イギリスの本や同じ英語圏のアメリカの本ばかり読んでいたと気が付きました。

調べてみるとどの出版社も自国びいきで全体のわずか4.5%の本しか世界中の本が翻訳されていないという事実に衝撃を隠せませんでした。

そしてロンドンオリンピックの年に彼女は1年かけて世界中の国の本を読破するプロジェクトをスタートすることを決意したのです。

オープンマインドになることで世界が助けてくれた



彼女はプロジェクトスタートと同時にA YEAR OF READING THE WORLDというブログをスタートしました。するとブログを立ち上げた直後思いもよらない連絡を受ける事に。

それはマレーシアの女性からで、なんと「自国マレーシアのオススメの本の英語版を送る」との事でした。


当時のアンモーガンさんはプロジェクトを立ち上げたにもかかわらず、どうやって世界中の本を英語版で手に入れられるのか、また何からスタートするべきなのかまったく知る由もなかったため、その女性からのサポートに深く感激しました。

さらにそのオファーをきっかけにアンモーガンさんのプロジェクトに共感した世界中の人たちから続々とサポートが寄せられるようになりました。中には現地言語にて出版されていた本を翻訳すると申し出てくれる人も出てくるほど。各国の言葉を理解できなくても様々な人のサポートのおかげで彼女のプロジェクトはどんどん大きくなっていったのです。

(次のページに続く)

,, | アジア,イギリス,マレーシア,ヨーロッパ,豆知識,豆知識,豆知識


イギリスの豆知識関連リンク

213946-09 213946-09
ありえない!イギリスで感じた、家族の驚くほど密な関係 ありえない!イギリスで感じた、家族の驚くほど密な関係
世界が騒然!覆面アーティストBanksyが仕掛けた「破壊の芸術」 世界が騒然!覆面アーティストBanksyが仕掛けた「破壊の芸術」
日本人は、イギリスのどこに行く?ロンドンの次に人気なのは? 日本人は、イギリスのどこに行く?ロンドンの次に人気なのは?
こんなに多いの!?フライト中の摂取カロリーに戦慄 こんなに多いの!?フライト中の摂取カロリーに戦慄
イギリスに行く日本人のプロファイル~関東のポジティブな人が多い? イギリスに行く日本人のプロファイル~関東のポジティブな人が多い?
がんばれ日本語!Tsundokuは世界へ!?世界語になった日本の言葉。 がんばれ日本語!Tsundokuは世界へ!?世界語になった日本の言葉。
ありえない!日本人がイギリス人とのデート中に驚いたこと ありえない!日本人がイギリス人とのデート中に驚いたこと
イギリスの新聞記者が伝える日本のいいところ8選 イギリスの新聞記者が伝える日本のいいところ8選
観光局が考えるイギリス人観光客のおもてなしポイント 観光局が考えるイギリス人観光客のおもてなしポイント
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#A Year of Reading the World #Ted #アンモーガン