TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 観光 > 大人も子どもも思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

大人も子どもも思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

Posted by: 倉田直子
掲載日: Feb 27th, 2017. 更新日: Feb 28th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

(c) facebook/Urban Fairies

アメリカのミシガン州南東部に位置する都市アナーバー(Ann Arbor)は、別名「木の町」(Tree Town) と呼ばれるほど自然が豊かな美しい場所。ミシガン大学本部キャンパスがあることでも有名です。また、日本でも大人気のドミノ・ピザ社(宅配ピザ・チェーン)の本社もこのアナーバーにあるのだとか。けれど実は、この街にはとある秘密が隠されていたのです。その秘密とは、街のそこかしこに「妖精のドア」が現れるということ。ちょっと一緒にのぞいてみましょう。


思わずのぞいちゃう、街角の小さなドア

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

(c) facebook/Urban Fairies

ここは、アナーバーの街にあるギャラリーのショーウィンドー。ちょっと不思議なものがあるのが分かりますか?

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街
(c) facebook/Urban Fairies

もっと近づくと、壁に小さな小さなドアが付いていることが分かります。

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

(c) facebook/Urban Fairies

通りがかった子供たちも、ドアに近づいて興味津々にのぞき込んでいます。

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

(c) facebook/Urban Fairies

驚いたことに、この小さいドアが存在するのはギャラリーの壁だけではありません。これは、とあるお店の入り口横に出現した小さなドア。

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

(c) facebook/Urban Fairies

やっぱりのぞいちゃいます!

大人も子供も思わずのぞいちゃう!「妖精のドア」があらわれるアメリカの街

(c) facebook/Urban Fairies

ドアの中が気になるのは、子供ばかりじゃありません。大人だって興味津々。実はこのお店に現れたドアは、反対側の窓につながっていて、そちらからのぞき込むこともできるのです。

他にも街の様々な場所に現れるこの小さいドアは、地元の人々から「妖精のドア」(Fairy Doors)と呼ばれています。確かに、妖精が出入りするのにちょうど良さそうなサイズですね! では一体、どんな妖精たちがこのドアを使っているのでしょう。

倉田直子

Naoko Kurata ライター
オランダ在住ライター。元バックパッカーの旅行愛好家。2004年に映画ライターとしてデビュー。2008年、北アフリカのリビアへ移住後に海外在住ライターとして活動スタート。2011年から4年間のUKスコットランド生活を経て、2015年夏にオランダへ再移住。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0758JCDTM/


| 観光,北アメリカ,アメリカ,観光


アメリカの観光関連リンク

Area51 Area51
東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装 東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装

2013年5月3日 ウォール街 2013年5月3日 ウォール街






1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

観光 北アメリカ アメリカ 観光