> > > > 伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」

ライター: Nao
掲載日: Jan 7th, 2018.

アラビア半島の東南端に位置するオマーン。他の湾岸諸国と比べて、オマーンにはアラブの古きよき情緒があふれ、自然と共存した美しさが魅力。

今回はオマーンを旅したらぜひオススメしたい秘境の村をご紹介しましょう。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
首都マスカットから車で約3時間、中東のグランドキャニオンとも呼ばれるジュベル・アフダル。このゴツゴツとした山嶺の中腹に秘境の村ミスファ(Misfah)はあります。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
斜面に沿うように広がるミスファ。岩を積み上げた家々が建ち並び、岩山に溶け込むかのように佇んでいます。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
村には山岳特有の土色の家屋や建物が建てられ、伝統的で昔ながらの生活ぶりが垣間見れます。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
石を積み上げた家々。迷路のようにくねくねと曲がった細い路地は、ただ歩いているだけでワクワクした気分に。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
路地を進めばオアシスにも出られます。ミスファはもちろんオマーンは非常に治安がいいので、一人旅でも安心して散策できるのが魅力。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
斜面には段々畑がありナツメヤシやフルーツなどが作られています。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
この用水路は「ファラジ」という地下水路を利用したオマーン独特の灌漑システムで、紀元前から農業用水や生活用水を確保するために用いられてきたと言われています。ナツメヤシなどの農作物はこのファラジによって作られているのです。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
ミスファ周辺ではトレッキングも楽しめます。険しい渓谷ですが登山道もあるので安心。

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
トレッキングではヤギの群れに出会うことも。オマーンではヤギの放牧が行われていて、地方では特によく見かけます。首都マスカットではここまでの群れにはなかなか出会えないので貴重な体験です。


昔ながらの生活が今なお続く「ミスファ」。オマーンを旅することがあれば、タイムスリップしたような気分に浸れる秘境の村を訪れてみてはいかがでしょうか?

[Photos by Nao & shutterstock.com]

Nao

Nao ライター
メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から放浪の旅を続け、渡航国は現在47カ国。
国境越え、絶景、グルメ、歴史を堪能する旅が好物。時間があれば「どこに行こうか」「何を食べようか」を考えている。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

,, | 中東,中東その他,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ,観光,観光


中東その他の現地レポート/ブログ関連リンク

伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」 伝統的で昔ながらの生活が今でも残る、オマーンの秘境村「ミスファ」
47か国渡航した旅マニアが経験した、ありえない海外フライト体験6選 47か国渡航した旅マニアが経験した、ありえない海外フライト体験6選
オマーンを旅したら訪れたい。壮大で美しき砦「ナハル・フォート」 オマーンを旅したら訪れたい。壮大で美しき砦「ナハル・フォート」
盗まれたスーツケースを奪回しに、オマーンからアブダビへの日帰り旅 盗まれたスーツケースを奪回しに、オマーンからアブダビへの日帰り旅
日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選 日本人がオマーンに住んで驚いたこと16選
そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ
47カ国訪れた旅マニアが勝手に選んだ、世界のおいしいB級グルメ10 47カ国訪れた旅マニアが勝手に選んだ、世界のおいしいB級グルメ10
中東の白い街。オマーンの首都「マスカット」って知ってる? 中東の白い街。オマーンの首都「マスカット」って知ってる?
1

#オマーン #ミスファ #秘境