> > > > アメリカ列車の旅!進化するアムトラックがお得です。

アメリカ列車の旅!進化するアムトラックがお得です。

Posted by: 石黒アツシ
掲載日: Nov 5th, 2018.

アメリカを旅する場合には、目的地に航空機で乗り入れて、その年の周辺までを楽しむというパターンが多いと思います。でも鉄道を使うと、例えば大陸横断も比較的リーズナブルにできちゃいます。アメリカの都市をネットワークするAmtrak(アムトラック)が面白そうです。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

Amtrak(アムトラック)
(c)Amtrak


鉄道の旅は単純に楽しい!アメリカではどうでしょう。

日本にやってくる海外からの旅行客の多くは、航空機で来日したら新幹線などの鉄道を使って各地を回るようです。

Japan Rail Passは外国から「短期滞在」の入国資格でやってくる外国人などに向けたお得なパス。7日間でグリーンじゃなく普通車用なら大人29110円で、JRグループ6社乗り放題とかなりお得(諸条件あります。日本在住の日本人は対象外です)。

さて、アメリカを旅する場合には、目的地に航空機で乗り入れて、その年の周辺までを楽しむというパターンが多いと思います。でも鉄道を使うと、例えば大陸横断も比較的リーズナブルにできちゃいます。アメリカの都市をネットワークするAmtrak(アムトラック)が面白そうです。

Amtrakって?

Amtrak(アムトラック)2
(c)Amtrak

アムトラックはアメリカ合衆国が出資している民間運営の鉄道会社。鉄道は1920年頃までは航空網がなかったので、アメリカ国内の足でしたが、その後は経営不振に。でもこのAmtrakが1971年に作られてからはかなり改善されてます。

2017年までに、
 

• 500都市をネットワーク
• 21000マイル(33796㎞)をカバー
• 年間3170万人の利用客
• 42億円の修繕工事が完了

 
と、元気なんです。

最新車両が快適でかっこいい!

アメリカの鉄道「Amtrak」と聞くと、なんとなくごっついイメージがあるかもしれません。重厚感たっぷりの車両に、しっかりとした作りのあまり洗練されていない車内・・・というような。

Amtrak(アムトラック)3
(c)Amtrak

そんなイメージをすっかり払しょくするインテリアの車両が、2021年から走り始めます。

Amtrak(アムトラック)4
(c)Amtrak

レザーのシートに、電源とUSBが各席に。テーブルは大小が搭載されているので、場合に応じて選べます。WiFiも完備です。

Amtrak(アムトラック)5
(c)Amtrak

駅からなら乗り換えのわずらわしさなし!バスも使いやすい。

列車の旅の便利さの一つが、空港でのわずらわしさがないこと。空港へ行って荷物を預け、セキュリティーチェックを通り搭乗を待つといった手間が圧倒的に省けます。また、列車を駅で降りたら、そこから他の列車、地下鉄、バスなどの交通機関もすぐ利用できるのも楽です。

Amtrak(アムトラック)6
(c)Amtrak

ニューヨークでは、駅のない地域から最寄りの駅までのバスによる連絡をとるサービスが始まったということで、よりいろいろな場所へいく予定が組みやすくなりましたよ。

自転車OKの車両は今年から導入!

今年からインディアナポリスからシカゴの路線には、自転車に乗って自然の中を走ることができる「トレイル」が導入されました。そこでこの路線では自転車を乗せてもOKになっています。

Amtrak(アムトラック)7
(c)Amtrak

他またシアトルとロスアンゼルス間の海沿いの美しい景観の路線でも、オクラホマからテキサスのフォートワースまでの路線でも自転車プログラムが利用可能です。

チケットの買い方とお得なパスはこれ!
それはUSA Rail Passです。

まず注意するのは「Segment」セグメントです。これは、1回乗って目的地まで乗り換えて到着する行程1回分ということです。

Amtrak(アムトラック)8
(c)Amtrak

例えば、ニューヨークからアトランタまでなら列車の片道料金が約2万5千円です。15日以内8セグメントのチケットは5万円ほど。かなりお安いんです。ちなみに飛行機でニューヨークからアトランタへは2万円前後で行けますが、USA Rail Passほど安いものはありません。

他に30日で12セグメント(約7万5000円)、45日で18セグメント(約10万円)もあるので、旅程に合わせて選べます。購入はAmtrakのウェブページで。英語のみですがわかりやすいと思います。

さぁ、アメリカで列車の旅を楽しもう!

Amtrak(アムトラック)9
(c)Amtrak

レンタカーを借りるのもいいですが、時差の中眠気と戦うのは大変。その点列車は安心です。ゆっくりと好きなだけアメリカを回ってみるのも楽しそうです!

Amtrak(アムトラック)10
(c)Amtrak

[Amtrak / USA Rail Passes]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro ライター&フォトグラファー
旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。


| 旅のハウツー,北アメリカ,アメリカ,観光,豆知識


アメリカの観光関連リンク

Canal street Market ペイント Canal street Market ペイント
>Izakaya Samurice >Izakaya Samurice


ヴェッセル1 ヴェッセル1
道中の景色 道中の景色
u-pick後 u-pick後
Yifang Taiwan Brown Sugar Milk Tea Yifang Taiwan Brown Sugar Milk Tea
Boba Guys Strawberry Matcha Latte Boba Guys Strawberry Matcha Latte

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

旅のハウツー 北アメリカ アメリカ 観光 豆知識