> > > > ありえない! 日本人がフランスのバレンタインで驚いたこと〜お返しは“誘惑”!?〜

ありえない! 日本人がフランスのバレンタインで驚いたこと〜お返しは“誘惑”!?〜

Posted by: イヴォンヌ麗
掲載日: Feb 14th, 2019.

今回はフランスのバレンタイン事情について。男性が女性をエスコートして、カップルで過ごすのがフランス流。そして「お返しは“誘惑”」!?「赤い下着=バレンタイン」!?などなど、フランス現地からバレンタインについて、驚く文化ギャップネタをご紹介。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

みなさん、ボンジュール! 最近、フランス人の新しい彼ができたイヴォンヌ麗です。「イヴォンヌはバレンタインに、何が欲しい?」って、聞かれたわ。フランスのバレンタインは日本と違うこと、すっかり忘れてました。というわけで、今回はフランスのバレンタイン事情について、です。


女性がラクできる日

男性が女性をエスコートして、カップルで過ごすのがフランス流。レストランで素敵なディナータイムを楽しみ(支払いは男性)、プレゼントをもらい(交換する場合もあり)、ロマンチックな時間を過ごす・・・という、女性にはとてもうれしい1日です。子どもがいて外出するのが難しいカップルは、男性が手料理を振る舞うことも。

お返しは“誘惑”!?

それでは、女性は何をしなくてもいいの? と言えば、そういうわけでもありません。女性はバレンタイン仕様のセクシーな服やランジェリーに身をまとい、いつも以上に美しい自分を演出! 

バレンタインの時期に、ブティックやランジェリーショップから届くメルマガには、「séduction(誘惑)」という文言が目立ちます。そしてもちろん、そのメルマガに掲載されている服やランジェリーはセクシーかつ、イメージ写真のようにエロティックです。大和撫子にとっては、身につけている自分を想像するだけで恥ずかしくなるレベル!

赤いランジェリーが店頭に並ぶ

「赤い下着=バレンタイン」を希望するフランス人男性は多いとみえて、バレンタイン期間のランジェリーショップには赤い下着のディスプレイが目立つように。情熱的な赤いランジェリーと同じぐらい、シックな黒の下着も人気があります。ちなみにイヴォンヌの彼も、バレンタインには赤いランジェリーがいいそうです。

プレゼントの定番は?

フランス人男性から女性への、バレンタインの定番ギフトは花束です。中でもバラのブーケは定番中の定番。アクセサリーやチョコレートも人気。女性にまとって欲しい、セクシーなランジェリーを贈ることもあります。

まるで日本のクリスマス・イブ!

愛する人とふたりで、甘いひと時を過ごすフランスのバレンタイン。それはまさにかつての日本のクリスマス・イブとほぼ変わらない1日と言えるでしょう。バレンタインはどこのレストランもカップルだらけになるので、シングルには辛い1日です。

女性はセクシーな自分を演出することも、バレンタインを盛り上げるスパイスのひとつ・・・というのが、愛の国フランスらしいですよね。

[Photos by Shutterstock.com] 

世界のバレンタイン事情、『愛することさえ許されなかった時代。バレンタインデーのはじまりの物語』『欧米人から見た日本のクリスマス「まるでバレンタイン」!?』などもあわせてどうぞ。

イヴォンヌ麗

Rei Yvonne ライター
子どもの頃からインターナショナルな環境で育ったこともあり、これまでにご縁のあった殿方の出身国は、イタリア、イスラエル、アラブ首長国連邦、中国、フィリピン、ドイツ、アメリカ、北インド、マレーシア、フランス、イギリスなどバラエティー豊富。ユニークな視点でみなさんの国際恋愛のお力添えができればと思っています。


, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,現地ルポ/ブログ,豆知識


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク

モン・サン・ミッシェルまでの道のり「馬車」を使う5つの利点 モン・サン・ミッシェルまでの道のり「馬車」を使う5つの利点

ボルディエ(Bordier)本店 ボルディエ(Bordier)本店

シャモニー「エギュイーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)」 シャモニー「エギュイーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)」

Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース) Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース)



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#バレンタイン #文化ギャップ