> > > > エシレのアイスクリーム3種類を食べ比べ!【東京丸の内 エシレ・メゾン デュ ブール】

エシレのアイスクリーム3種類を食べ比べ!【東京丸の内 エシレ・メゾン デュ ブール】

Posted by: SHIORI
掲載日: Mar 9th, 2019.

2009年に世界初のエシレ バター専門店としてオープンした、東京駅の丸の内ブリックスクエアにある「エシレ・メゾン デュ ブール」。今回は3種類ある”アイスクリーム”を食べ比べ。パッケージからして可愛い人気のアイスクリームのお味は?3種類の味を実食ルポ!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

2009年に世界初のエシレ バター専門店としてオープンした、東京駅の丸の内ブリックスクエアにある「エシレ・メゾン デュ ブール」。濃厚な発酵バターの味が上品で美味しいと、オープンから時間が経った今でもとても人気なんです。

店頭で売られている数あるエシレバターを使った商品の中で、今回は3種類ある”アイスクリーム”を食べ比べ。パッケージからして可愛い人気のアイスクリームのお味は?3種類の味を実食ルポ!


エシレのアイスクリーム購入までの待ち時間は・・・?

筆者が到着したのは10:15頃。この時点ですでに行列。ちなみに一番人気のバターケーキはこの時点ですでに売り切れでした。お店の中は満杯で、外に並んでる人が折り返し店の端まで並んでいる状態。

番号札などは配られないので、並んでひたすら待ちます。行ったのが2月の天気の悪い日だったので、外で日陰にある店舗前は本当に寒い!冬場に行かれる際は、足裏ホッカイロや帽子・手袋など、防寒グッズを持って行くことをおすすめします。

40分くらい経ったころ、やっと店内へ。お店の中はバターの美味しそうな香りが漂い、とてもお腹が空きます。右側にあるパンブースの目の前で注文。ここで買いたい全ての品物を店員さんに伝え準備してもらいます。その後レジまで行って会計。

結局並んでから購入まで、ぴったり1時間ほどかかりました。そこまで行列ではないと思っていたのにびっくり。並ぶ時は道路を挟んで反対側まで列が続くそうなので、できれば午前中の空いてる時間に行くことをおすすめします。

3種類を食べ比べ!人気のアイスクリームの味を堪能!

ではいよいよエシレバターを使った3種類のアイスクリームを食べ比べ!ちなみにエシレでは「エシレ グラス」と呼ばれています。

3種類の違いは・・・
①ブール(バニラ) 562円
②ブール・オ・キャラメル(キャラメル) 562円
③ブール・オ・レザン(レーズン) 724円
です。

それぞれカップの色が違うので、並べるだけでも見た目が可愛い!蓋にはエシレのロゴマークが入っています。

まずは①のブールを試食。エシレバターを21%もふんだんに使ったアイスは濃厚だけれど爽やかなお味。エシレ特有の上品な風味とクリームの甘さががマッチして、高級な生クリームアイスのよう。定番ですが深みのあるお味です。

そして②のブール・オ・キャラメル。こちらはその名の通りキャラメルのアイス。エシレバターを焦がした濃厚でほろ苦いキャラメルの味が広がる大人っぽいアイスクリーム。甘さと苦味、そして濃厚さがうまくマッチした大人の味でした。

最後に③のブール・オ・レザンのラムレーズンのアイス。ラム酒に漬け込んだレーズンのちょっと大人っぽい酸味のある味と、バターの濃厚さが広がるクリームがマッチする、食べ応え抜群のアイスクリーム。クリームの美味しさが際立つレーズンとの相性がバッチリ。

個人的にはラムレーズンが一番好きな味でした!その分お値段も他のものよりちょっとお高めですが、一度は食べておいて欲しい1品です。

エシレのアイスクリームの保冷剤は最長2時間

今回は購入が冬場だったのであまり気になりませんでしたが、アイスなので持ち帰りの時間が長いと溶けてしまわないか心配ですよね。エシレの店頭で入れてくれる保冷剤の最長は2時間分。その移動圏内でしたら大丈夫です。キンキンに冷えた状態が良ければ、家に帰って一回冷やしてからいただくのもアリですね。

フランス産の高級バター「エシレ」ってどうして人気なの?

そもそもエシレバターってどんなバターなの?と、聞いたことがあっても詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?エシレバターとは、フランス中西部にあるエシレ村で作られる希少な発酵バター。クリーミーで上品な口あたり、そして火を通すと芳醇な香りが広がるのが特徴です。

エシレ村の位置するヌーヴェル・アキテーヌ地域圏は、大西洋の温暖な気候に恵まれ、乳牛がのびのびと育つことができる環境が揃っています。石灰分の多い土壌から豊かな牧草が育ち、それを食べて育った乳牛たちは、乳成分の多いバターづくりに最適なお乳を出してくれるそう。だからこそ濃厚で芳醇なバターを作ることができるんですね。

世界初のバター専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」は東京駅丸の内南口から徒歩5分!

「エシレ・メゾン デュ ブール」は東京駅の丸の内南口から徒歩5分。南口改札を出ると目の前にKITTEがあるので、その前を右に進みます。最初の交差点の目の前の横断歩道を渡り左へ進むと、右手にレンガ造りの建物が見えます。これがブリックスクエアです。


中庭っぽくなっている中の方へ進んで行くと、エシレの看板が。すでに行列になっているのですぐに見つけられました。

ブール(バニラ) 562円
ブール・オ・キャラメル(キャラメル) 562円
ブール・オ・レザン(レーズン) 724円

エシレ・メゾン デュ ブール
https://www.kataoka.com/echire/maisondubeurre/
〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1  丸の内ブリックスクエア1F
OPEN  10:00~20:00 不定休
TEL&FAX 03-6269-9840
ACCESS
JR「東京」駅 丸の内南口から徒歩5分
JR「有楽町」駅 国際フォーラム口から徒歩5分
丸ノ内線「東京」駅 地下道直結
千代田線「二重橋前<丸の内>」駅から徒歩3分
有楽町線「有楽町」駅から徒歩5分

『エシレの誘惑〜エシレスイーツ特集〜』では、エシレのバターケーキ「ガトー・エシレ ナチュール」や濃厚フレッシュバターをサンドした「サブレサンド」などたっぷりと実食ルポします。お見逃しなく!

SHIORI

SHIORI ライター
ベリーダンサー歴7年の海外美容トラベルライター!海外美容情報を集めながら東南アジアを半年間バックパッカーとして周遊。女の子の好奇心をくすぐる「綺麗を磨く旅」を探し求めて活動中です。


,,,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,関東,東京都23区,お土産,グルメ,現地ルポ/ブログ


東京都23区のお土産関連リンク



テイクアウトデザート テイクアウトデザート
白い恋人 白い恋人
ISHIYA GINZA「サク・ラングドシャ ルビー」 ISHIYA GINZA「サク・ラングドシャ ルビー」
いちびこ(ICHIBIKO)NEWoMan新宿店 いちびこ(ICHIBIKO)NEWoMan新宿店



moz×ヨックモック moz×ヨックモック
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT