> > バンライフで日本旅(3)|日本はバンライフがしやすい?

バンライフで日本旅(3)|日本はバンライフがしやすい?

Posted by: SAWA
掲載日: Sep 24th, 2019.

かつては貧乏旅行の代名詞だった車中泊が昨今、「バンライフ(VAN LIFE)」と呼び名を変えて、旅のスタイルや新たな暮らし方としてフォーカスされるようになりました。今回は『日本はバンライフがしやすい?』をテーマにお届けしたいと思います。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

vanlife


バンライフは決して特別なことではない

欧米を起点として広がりをみせるバンライフ。その波をキャッチするかのように、ここ日本でも、バンライフに意識を向け始めた人々がいます。しかし、バンライフという言葉を耳にする前から、じつは私たちの身近にも、ひっそりとバンライフをしている人々がいました。

その例が、サーファーや釣り人、写真家などです。

サーファーに関して言えば、彼らはバンライフを特別に意識せずとも、もうずっと前から車中泊をしながらサーフトリップに繰り出していた、潜在的なバンライファーと言えます。

vanlife

早朝の波を求めるサーファーは今も昔も変わらず、海辺に停めた車でたびたび夜を明かします。夜明けとともに波と戯れ、陽が沈む頃には、地平線から昇る月を海で眺めることも。

そして、海のコンディションに合わせて各地を旅することで、彼らは人生の一部にバンライフをとり入れてきたのだと思います。

vanlife

つまり、何が言いたいかというと、バンライフって、特別なことでも珍しいことでもないのです。今まで“そこにあった”けれど、人々が意識を向けられる機会がなかった事柄。少なくとも、筆者はそう考えます。

とは言え、さすがに長期にわたるバンライフは、休日を楽しむバンライフよりも、ハードルが高いのは事実。実際、筆者の知る人で、バンライフ歴が数十年にもおよぶバンライファーがいますが(現在も記録更新中!)、これに関してはごめんなさい、「珍しいこと」の類に入るでしょう・・・。

日本はバンライフがしやすい?

さて、ブーム以前から日本にもバンライファーが存在していたわけですが、それは、“バンライフがしやすい”という日本の環境(状況)もあいまってのこと。

まず、全国各地に道の駅などの施設があるため、僻地にさえ行かなければ、バンライフにおける食事やトイレの心配はありません。最近では、しっかりと整備されたオートキャンプ場(温泉付きのところも!)も増え、さらに快適なバンライフの旅ができるようになりました。

vanlife

また、筆者の経験になりますが、海岸の駐車場に一晩停泊をしたとしても、お巡りさんに職業質問はされど、強制的に移動を迫れることは稀です(道の駅が存在しなかった頃、金欠サーファーはこの車中泊パターンが定番)。

しかし海外では、場所によってはそれが許されません。規定によって、公園や海岸をはじめ、駐車場などでの野宿(キャンプ、車中泊含む)が禁止されている国もあります。

海外のバンライフ事情

例えば、オーストラリア。ここでは、海岸や公園などの公共の場(駐車場含む)で車中泊はできません。キャンプ場以外での野宿は基本的に禁止されています。観光地などの人が多いエリアでは、監視員が目を光らせており、野宿をしないように人々に注意を促します。

ニュージーランドでも、指定された場所以外での車中泊は禁止です。それを厳しく取り締まっているエリアもあります。

vanlife
<ニュージーランドのPiha beach。海岸の駐車場にオートキャンプ場が隣接しており、サーファーたちはそこで夜を明かした(10年前当時)。>

ですが、そんなことはつゆも知らず、(不運にも監視員不在で注意も受けられず!)禁止エリアで一晩を明かすとどうなるか・・・?

オーストラリアで実際にそれを経験した人によると、『翌朝、“罰金◯ドル”と書かれたラブレターが車に添えられていた(笑)』と言います。

バンライフを気持ちよくおこなうコツ

このように、国によっては車中泊についての厳格なルールがあり、それが、公共の場を皆が気持ちよく利用できるように機能していることも理解できます。

しかし、明確なルールがあってもなくても、周囲との調和はバンライフには欠かせません。そのために、ルール以前のこととして、“思いやり”という心もバンに積み込んで旅を続けられるといいな、と筆者は思うのです。

もちろん、自分では気づかず、誰かに理不尽な想いをさせてしまうこともあるかもしれません。その時は、自分を見直せばよいのです。

バンライフを気持ちよく行うコツは、あなたの心ひとつ。その胸のなかに、答えがあるはずです。

All Photo by YONEVANLIFE
 


【〜バンライフについてのお悩みや質問を募集します〜】
バンライフをしたいと思っている人、バンライフをしている人、バンライフにまつわるお悩みや質問などを【バンライフで日本旅企画】では募集します。皆さんが抱えるバンライフのお悩みや疑問を、連載内で一緒に解決していけたらと思っております。また、バンライフについての耳寄り情報なども募集しますので、ぜひ、あなたの知恵をシェアしてください!

<応募詳細>
バンライフに関するお悩みや疑問など質問内容、公開可能な名前(ペンネーム可)、メールアドレスを明記の上、こちらまでご応募ください。
※お送りいただいた質問は編集部で検討の上、同企画に適した内容を選出してご紹介させて頂きます。質問内容によっては回答致しかねる場合がございますが、あらかじめご了承ください。

SAWA

SAWA
ときに、バン(車)暮らし。地味に夫婦ふたりでバンライフを実践して早数年。当初、キャンピングカーでバンライフを始めるも、行き着いたのはバン(VAN)。素人ながらも車内を自力で改装して、家と同様に車内で自炊し、仕事をし、眠りにつく。長期にわたるバンライフに満腹感を得た現在は、車暮らしと家暮らしのバランスをとりながら、人生の旅路を歩んでいます。波を求めて旅をするサーファーでもある(ヘタレだけれども)。

, | 旅のハウツー,現地ルポ/ブログ


旅のハウツー関連リンク


vanlife vanlife


チェジュ航空2 チェジュ航空2
DJI Japan「OSMO ACTION」 DJI Japan「OSMO ACTION」




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#バンライフ #国内旅行



旅のハウツー 現地ルポ/ブログ