TABIZINE > 関東 > 茨城県 > グルメ > 宙に浮かんだいちごを収穫!「グランベリー大地」で関東初のリフト式いちご狩りを体験

宙に浮かんだいちごを収穫!「グランベリー大地」で関東初のリフト式いちご狩りを体験

Posted by: Mayumi.W
掲載日: Dec 17th, 2022.

真っ赤に熟れたいちごを一番新鮮な状態で食べられるいちご狩り。自分の手で収穫して食べるいちごは、また格別ですよね。2022年12月17日(土)、茨城・常総市に国内最大級の“空中いちご園”「グランベリー大地」がオープンします。今回は宙に浮かぶいちごが映え必至のいちご園で、リフト式のいちご狩りを体験! 併設された「café GRANBERRY(カフェ グランベリー)」のおいしいメニューも実食してきましたよ〜。

61人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


 


 


日本最大級の空中いちご園が茨城県常総市に誕生!


2022年12月17日(土)、茨城県常総市に空中いちご園「グランベリー大地」がオープンします。同園は、車なら圏央道「常総IC」を降りて1分と立ち寄りやすいうれしい立地。また、車がなくても東京の秋葉原から電車で約1時間、最寄の常総線三妻駅から徒歩約10分と気軽に出かけられるのも魅力です。

園内には大小5つのハウスが並び、その面積はなんと東京ドームのグラウンド約1個分の広さにもなるのだとか。


駐車場も150台分と広々しています。

頭上に実るいちごが可愛い!


「グランベリー大地」最大の特徴は、立ったままいちごを収穫できるという関東初のリフト式いちご狩り。


空中に実った真っ赤ないちごと鮮やかなグリーンに思わず見惚れてしまいます。


天井近くにあったいちごたちを、スタッフさんがリフトを操作して降ろしてくれます。降りてきたプランターの高さは168cmの女性で、大体お腹ぐらいの高さ。

通常いちご狩りというと、植えてあるいちごをかがんで収穫するイメージですが、「グランベリー大地」のいちごは、立ったままの楽な姿勢で収穫が可能となります。

写真は手前のほうで撮影していますが、床には傾斜がついており、奥にいくほどプランターと床との距離が近くなっています。身長に合わせて収穫しやすい場所を選ぶといいかもしれません。


床はフラットで広いので、ベビーカーや車椅子でもいちご狩りが楽しめます。

新鮮ないちごのお味は?


栽培している品種は、「とちおとめ」「恋みのり」「紅ほっぺ」「おおきみ」「あまおとめ」「やよいひめ」「章姫」の7種類。この中から実り具合などにより、日替わりで提供されます。それが、なんと40分食べ放題なんです!


今回提供されたのは、「あまおとめ」「恋みのり」など4種類。


完熟したいちごは、ツヤツヤでまるで宝石のよう!

「あまおとめ」を食べてみると、噛んだ途端に甘い果汁が口いっぱいに広がりました。また、「恋みのり」は甘さと酸味のバランスがよく、とってもジューシー! いろんないちごを食べ比べるのも醍醐味ですよね。


いちごの味そのものを味わってほしいので、練乳はつけずに食べるのがおすすめ。練乳が欲しい人は50円(税込)で購入することもできます。

昼間のいちご狩りは予約不要!

いちご狩りの初回は10時30分より。そこから30分ごとに案内があり、開始の15分前に締め切られます。昼間のいちご狩りの予約は不要ですが、いちごがなくなってしまったら終了となるので、なるべく早めに来園するといいかも。

その日のいちご狩りの終了はTwitterやInstagramで発信されるので、行く前にチェックしておきましょう! いちご狩りの開催は、12月から5月のゴールデンウィークごろにかけてとなっています。

ライトアップが幻想的な夜のいちご狩りも


昼間に来られない人には、19時より開催される「夜のいちご狩り」もおすすめ。

2022年12月23日(金)以降の毎週金曜、土曜、祝日の前日限定(予約制)でライトアップされたハウスでのいちご狩りが楽しめます。夜、幻想的な雰囲気の中でのいちご狩りは、なかなか体験できませんよね。

「café GRANBERRY」のいちごを使った映えスイーツ


いちご園に併設されたカフェ「café GRANBERRY(カフェ グランベリー)」では、園で収穫されたいちごを使ったメニューが並びます。


奥左 ミニパフェ 858円(税込)/奥真ん中 いちご尽くしパフェ 3,300円(税込)/奥右 グランベリーパフェ 1,980円(税込)/手前左 いちごチョコムース 495円(税込)/手前真ん中 グランベリードーム 880円(税込)/手前右 いちごティラミス 495円(税込)
※イートインの価格となります

花が咲いたように飾られたいちごが贅沢なパフェや、ピンクのムースなど、フレッシュないちごを使ったスイーツはどれも可愛くておいしそう〜!


プリン プレーン/いちご/ミルク 各418円(税込)
※イートインの価格となります

カラーが可愛い瓶入りのプリン。お土産にぴったりな3種セット 1,188円(税込)もありますよ。※テイクアウトの価格となります

いちごだらけのカフェメニューを実食!


今回はミニパフェとグランベリードーム、いちごティラミスといちご団子串をいただきました。


ミニパフェは1人で食べるのにちょうどいいサイズ。たっぷりのクリームの中に、チョコがけのコーンフレークとコンポートのようないちごがアクセントとなっています。


ホールでいちご100個を使うというグランベリードーム。どこを食べてもいちご! いちご! いちご! クリームたっぷりですが、いちごの占める割合が多く重たくなりません。クリームのほどよい甘さと、酸味があるいちごの果汁は相性抜群でした。


可愛いピンクのいちごティラミス。なめらかな甘さにほっこりします。


いちご団子串 440円(税込)

優しい甘さの大福と、甘酸っぱいいちごの串団子。紅白になっているのも素敵!

秋には自社の畑で採れたさつまいものスイーツも販売するのだとか。スイーツはテイクアウトもできますよ。いちご狩りを開催していない時期もカフェはオープンしているので、ドライブがてらよってみるのもいいかもしれませんね。

お土産も充実の品揃え!


右 いちごの和紅茶 734円(税込)/左 いちごミニバウムクーヘン12個入り 1,674円(税込)

物販コーナーも充実しています。


ミニトマトジュース 626円(税込)

元々トマト農家だったということもあって、カラフルなミニトマトのトマトジュースも置かれていました。


おうちでもいちごを楽しみたい人にはお土産の「採れたていちご」も。新鮮ないちごが、1パック734円(税込)、2パック1,468円(税込)、4パック2,937円(税込)で購入できますよ。

家族やお友達にお裾分けしたら喜んでもらえそう!


いちごのポップコーン(ミルク) 1,058円(税込)

こちらは白とピンクが可愛いポップコーン。置いておくだけでも可愛い!


グランベリーブレッド 1,058円(税込)

いちごをたっぷっり練り込んだパンもありました。

オープニングイベントも

また、オープン初日の12月17日(土)10時半には、大食いアイドルとしても有名な「もえあず」こと「もえのあずき」さんとのじゃんけん大会が行われる予定です。

おいしくも実ったいちごを楽しめるいちご狩り。空中に浮かぶ、その真っ赤な果実の可愛さも是非楽しんでくださいね。

グランベリー大地
オープン日:2022年12月17日(土)
住所:茨城県常総市三坂新田町2383
電話:0297-44-6615
アクセス:<電車>常総線三妻駅下車徒歩10分 <車>圏央道常総ICより2分/常磐道谷和原ICより30分
公式サイト:https://granberry-joso.jp/
 
営業時間:9:30〜17:00(夜のいちご狩り開園日9:30〜20:00)
受付時間:9:30〜14:50(※昼の部は予約不要ですが、無くなり次第終了となります)
 
【昼の部の流れ】初回10:30から30分ごとにご案内。いちご狩り開始15分前に締め切ります。
※開始時間5分前までに、受付で指定したハウスに来ていただくようお願いいたします。
※開始時間に遅れた場合、いちご狩りの時間が短くなります。
 
【夜の部の流れ】夜の部は、19:00の1回のみで予約制となります。事前に予約サイトより、ご予約ください。
<予約サイト>https://granberry-ichigo.jp/reservation/
※当日は、18:45までに受付にお越しください
 
【料金】
平日 
<大人>2,200円(税込) <小学生>1,500円(税込) <園児>1,200円(税込)
土・日・祝祭日 
<大人>2,500円(税込) <小学生>1,800円(税込) <園児>1,500円(税込)
夜 
<大人>3,000円(税込) <小学生>2,200円(税込) <園児>1,800円(税込)
※中学生以上から、大人料金となります。
※3歳未満は無料 ※団体(15名以上)は100円引きとなります。(3歳未満は人数に含みません)
※1月2日、1月3日は土・日・祝祭日の料金となります。
※夜は12月23日(金)から毎週金曜、土曜、祝日の前日限定(予約制)。12月30日の夜の部はお休みとなります。
休園日:12月31日、1月1日(※悪天候続きで生育状況が悪い時は休園あり)
 
café GRANBERRY(カフェ グランベリー)
営業時間:10:30〜17:00
座席数:50席

[photos by グランベリー大地 & Mayumi.W]

Mayumi.W

Mayumi.W ライター
夫一人、子ども一人、犬一匹と一緒に暮らしています。いつでも楽しいことを模索中。ストレスは歌って発散。大体いつも歌ってます。


,, | 現地ルポ/ブログ,関東,茨城県,カフェ,グルメ,スイーツ,現地ルポ/ブログ,観光


茨城県のグルメ関連リンク

あんこう鍋 あんこう鍋


越前がに 越前がに


納豆自販機 茨城 納豆自販機 茨城



1 2 3 4 5 NEXT

#いちご狩り #パフェ #プリン