TABIZINE > 中部 > 富山県 > 観光 > 2023年の高さは13m!迫力ある雪の壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」が開催中

2023年の高さは13m!迫力ある雪の壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」が開催中

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Apr 25th, 2023.

富山県と長野県を結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」が2023年4月15日に全線開通しました。同日から「2023 立山黒部・雪の大谷フェスティバル」を開催中。雪の大谷の2023年の高さは、13mで、迫力ある雪の壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」や、立山連峰を一望できる雪の上の遊歩道「パノラマロード」などが楽しめます。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント



 


雪の大谷とは?

世界有数の豪雪地帯、標高2,450mの立山室堂で、特に雪が吹きだまる「大谷」付近を除雪してできる巨大な雪の壁のことを「雪の大谷」と呼んでいます。2023年の高さは13mとなりました。

2023 立山黒部・雪の大谷フェスティバル
期間:2023年4月15日(土)~6月25日(日)
会場:立山室堂平エリア・大観峰エリア
イベントページ:https://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani/

1st STAGE「みんなで楽しむユキアソビ」

2023年で開催30回目を迎える「雪の大谷ウォーク」だけでなく、雪を掘って新しい道を作る「くずそうユキカベ!つくろう新しいミチ!」も2023年4月15日(土)~5月21日(日)で開催中。、ゆっくりと雪景色を堪能できる「立山ユキテラス」(土日祝日限定)といった新しいイベントも楽しめますよ。

2nd STAGE「○○を見つけよう!」


オリジナル絵はがきスタンプラリー完成イメージ

2023年5月22日(月)~6月25日(日)は、初夏の立山室堂平の魅力を見つけるイベントとして「オリジナル絵はがきスタンプラリー」やフォトコンテストが実施されます。


フォトグラファー「イナガキヤスト」さん

「イナガキヤストさんと巡る立山室堂平フォトスポット」では、2023年、立山黒部アルペンルートアンバサダーに就任したフォトグラファー「イナガキヤスト」さんと一緒に写真を撮りながら室堂平を巡ります。

立山黒部アルペンルートとは?


中部山岳国立公園・立山にある山岳観光ルート。富山県の立山駅から長野県の扇沢間は、雪の大谷の中を駆け抜ける「立山高原バス」や現在日本で唯一運行しているトロリーバス「立山トンネルトロリーバス」など、さまざまな乗りものを乗り継いで移動することができ、雲上の絶景が楽しめます。

2023年度 営業期間は、2023年4月15日(土)~11月30日(木)です。

       

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

| 観光,中部,富山県,イベント,観光


富山県の観光関連リンク

エアトラック絶景 エアトラック絶景

雨晴2 雨晴2
黒部ダム 黒部ダム

池田屋安兵衛商店4 池田屋安兵衛商店4
オノマトペの屋上2 オノマトペの屋上2
能作本社ロゴ 能作本社ロゴ
雪の大谷ウォークは4/15〜6/25まで 雪の大谷ウォークは4/15〜6/25まで

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 NEXT

#立山黒部アルペンルート



観光 中部 富山県 イベント 観光