ショッピングモールの屋上にある陸上トラック?空中を走れるエアトラックは大絶景【もりのみやキューズモールBASE】

Posted by: わたなべ たい

掲載日: Jun 6th, 2024

ショッピングモールの屋上が陸上トラックになっている!! しかも1周約300mある本格的なトラックなのでトレーニング&ランニングを楽しめちゃう。そんな空中を走れる「エアトラック」があるのはJR大阪駅からもほど近い森ノ宮。大阪城や京橋のビル群も望める隠れた絶景スポット&映えスポットとしても人気です。

エアトラック絶景

日本初の走れるショッピングモール! その発想に驚く屋上にある陸上トラック

もりのみやキューズモールBASE

ビルの屋上に観覧車をつくっちゃう大阪人の発想もスゴいですが、ショッピングモールの屋上にも陸上トラックをつくっちゃってます! そんな空中を走れる「エアトラック」があるのは「もりのみやキューズモールBASE」。エントランスの頭上で弧を描き、旗がひらめく個性的な景観に迎えられます。

もりのみやキューズモールBASE2

どれ、どれ。施設案内を見てみると、地上3階建ての複数の建物をつなぐように陸上トラック「エアトラック」が設けられている模様。

もりのみやキューズモールBASE3

屋上へ続く階段を上っていくと──

エアトラックもりのみやキューズモールBASE

わぉ! ホントに緑のトラックがある!! しかも1週約300mという本格的な陸上トラック。2レーンのランニングコースに加え、一番外側にはウォーキングコースも。これが無料で利用できるというのだからすごい! いつもより早く走れちゃいそう。

地上15mからの大絶景! 思わず走りたくなる美しいエアトラック

エアトラックもりのみやキューズモールBASE2

この「エアトラック」、国内の商業施設の屋上にある常設の本格的なランニングトラックとしては日本初! 地上約15mの風と眺めを感じながらトレーニングできるなんて素敵。

エアトラックもりのみやキューズモールBASE3

ランニングはもちろんですが、ショッピングモールを眼下に大阪城や京橋の高層ビル群を望む景観も素晴らしい! 隠れた絶景スポット&映えスポットしても人気なんです。

エアトラックもりのみやキューズモールBASE4

取材時もランニングする人や景観を楽しみながらのんびりとお散歩する人が。

エアトラックもりのみやキューズモールBASE5

エアトラックでお散歩なんて贅沢! そんな気はまったくなかったのですが、あまりにも美しい景色が美しいのでだんだんと走りだしたくなってきました。

夕暮れのナイトラン疾走! のんびりお散歩も楽しめる

エアトラックもりのみやキューズモールBASE6

旗がひらめく最終コーナーを回れば、メインストレート。正面に大阪城の本丸、右手に京橋のビル群が広がり、ここら辺が1番の眺望スポット。秀吉気分で走っちゃおう! 空も広い!

エアトラック絶景

走れ! 走れ! ゴールまでもう少し! 右手には阪神高速道路が並行して走ります。

エアトラック絶景2

左手にはフットサルコート!

エアトラック絶景3

ゴォーー-ル! えっ! 夜になってる?

エアトラック絶景4

肌に心地好い涼しい風が渡る、夕暮れときのライトアップされたトラックも素敵なんです。

エアトラック絶景5

マジックアワーによって、空の色も刻々と変化していきます。

エアトラック絶景6

シルエットで浮かび上がる景観も美しい! アレ、2周しちゃってる?

エアトラック絶景7

ショッピングモールの明かりに包まれる、ナイトランも格別です。モールには、スポーツショップやファッション、100円均一、スーパーマーケット、フードコートなどがそろっています。運動の前後に遊びにいってもいいかも!

もりのみやキューズモールBASE
住所:大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70
営業時間:エアトラック9:00~23:30(日曜・祝日は~20:30)(キューズモールは10:00~20:00店舗により異なる)
定休日:エアトラック利用不可日時あり(キューズモールは年1回休館日あり)
アクセス:JR「森ノ宮駅」より徒歩3分 大阪メトロ「森ノ宮駅」2番口より徒歩1分
URL:https://qs-mall.jp/morinomiya/airtrack/

[Photos by ©︎tawawa]

 


 

PROFILE

わたなべ たい

TAI WATANABE ライター・エディター・ディレクター

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌の取材を通じて、中南米・カリブ海を中心に世界各国で豊富な取材を経験。海外を見てきたからこそ日本は大好き! 紙とWEB、ふたつの媒体特性に精通した複眼的視点を持っている。

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌の取材を通じて、中南米・カリブ海を中心に世界各国で豊富な取材を経験。海外を見てきたからこそ日本は大好き! 紙とWEB、ふたつの媒体特性に精通した複眼的視点を持っている。

SHARE

  • Facebook