> > 【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

,,, | 旅のハウツー

【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

Nov 16th, 2013

外国人向け日本ガイドが面白い!日本人と話す時に気を付けている事とは?

海外からの観光客の皆さんは、日本に対してどのような印象を持っているのか気になりませんか?
やはり、日本人にとっては盲点となることが多いようです。
意外なところに新鮮さを感じていたり、逆にやりにくさを感じていたりすることもあるようです。
そこで、外国人旅行者が日本に対して感じている意外なことをピックアップしてご紹介します。

レストランのショーケースにある食品サンプルに感動

あるアメリカから出版されている日本の観光客向けガイドブックには、食品サンプルについての記述があるそうです。

日本のたいていのレストランには、ショーケースにカラフルな食品サンプルが展示してあって、 どういう食べ物があるのか、そして値段がいくらなのかが 一目で分かるようになっているので、ウェイターやウェイトレスを呼んで、 自分が食べたいものを指差して簡単に注文できるといった内容です。

この食品サンプルは、多くの外国人たちを驚かせているようです。特に食品サンプルを作る様子は、アートだと絶賛されています。日本人の感覚としては、食品サンプルなんてありふれていて、最近はちょっと古い社員食堂や公共の食堂でしか目にしなくなってきたな・・・という感じですが、海外では真新しい衝撃の品のようなのです。また、「食べたいものを指差すだけで注文できるのが嬉しい」という発想は、日本人と同じですね。




日本の電車は細かすぎる

外国人向け日本ガイドが面白い!日本人と話す時に気を付けている事とは?

また、ある台湾からの東京ガイドブックには、電車についての注意喚起がつづられているそうです。

電車には、「各停」「快速」「急行」「特急」「特快」などがあり、気をつけないと自分のたどり着きたい駅を通過してしまう、という内容です。

確かに、すごく細かい区分けですよね。これには日本人でも迷ってしまうことがあります。

また、海外では電車が時刻表通りに来ることは、非常に珍しいことなのだそうです。1時間に1本の電車なのに遅れて来るのは当たり前の国もあるそうです。イタリアでは、かなり遅れているのにも関わらず放送も何もないというエピソードも見かけます。特にヨーロッパでは日本のきっちりとした時間の感覚が絶賛されています。電車の停車位置までピタッと合わせる正確さにも驚きを隠せないようです。

石原亜香利

,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!