> > > 【ネパール】異国の地の火葬を間近に見て心に感じること

,,,,,,, | アジア,ネパール,観光,豆知識

【ネパール】異国の地の火葬を間近に見て心に感じること

Nov 8th, 2015

ネパールの首都カトマンズ周辺には訪れるべき観光地がたくさんあります。世界遺産のダルバール広場はもちろん、ネパール最古の仏教寺院と言われるスワヤンブナート。

他にはチベット仏教の聖地にして世界最大級の仏塔が魅力のボタナートなど見どころが尽きませんが、ある意味で日本人が最も訪れておきたい場所はパシュパティナート寺院。

【ネパール】ヒンドゥー教の聖地を流れるガンジスの支流で見る火葬

そこで今回は現地ガイドの情報に各種ガイドブックの情報をプラスして、パシュパティナート寺院の魅力をまとめます。

パシュパティナート寺院では火葬や沐浴(もくよく)を眺められる

【ネパール】ヒンドゥー教の聖地を流れるガンジスの支流で見る火葬

パシュパティナート寺院とは、首都カトマンズの中心部(タメル地区)から見て東にあるネパール最大のヒンドゥー教寺院。信者以外は入れない宗教施設が立ち並んでいる聖地で、声をあげて騒げるような気軽な観光地ではありませんが、寺院沿いの川べりで火葬や沐浴が見られます。

【ネパール】ヒンドゥー教の聖地を流れるガンジスの支流で見る火葬

白やピンクの布に包まれた人が担架のような道具で運ばれてきて、家族などと最後のお別れをします。その後、幾つかの儀式が取り行われ、死者は火葬場の台座に。その上にたき木が積まれ、火がともされます。

白い煙が高く上がり、独特のにおいが周囲に漂い始めます。炎を眺めていると、その中に死者の姿を好奇心で探している自分と、死者の姿を見たくないと恐れる自分に気が付きます。

最後はたき木が整理され、かろうじて人の形をとどめている黒い灰があらわになります。少なくとも今の日本では間近に見られない人の死が、目の前で見られます。

ネパールの大地震直後は、たき木が不足するほど多くの死者がこの場所で火葬されたとか・・・。尊い命を落とした子どもも多く焼かれたそうです。

坂本正敬

,,,,,,, | アジア,ネパール,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!