> > > > 【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様と自動車整備工、二足のわらじを履く部族王」

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様と自動車整備工、二足のわらじを履く部族王」

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ITを駆使したパートタイムの王様

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

しかし既にベルリンで自分の整備工場を構え、生活の基盤を築いていたバンサ氏はGbiには帰らず、遠隔&パートタイムの王様になることを決心しました。

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

驚いたことに、国民とのコミュニケーション手段はスカイプ。パソコンやスマートフォン越しに統治を行っているのだとか。しかし年に8回くらいはドイツからGbiに戻っているそうなので、2か月に一度は国民に直接会っていることになりますね。さすが王様、責任感があります!

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

そして2000年には、10歳年下のドイツ人のガブリエルさんとめでたくゴールイン! 二人のお子さんも生まれ、今も整備工の仕事を続けられているそう。

そして王様として現在取り組んでいるのは、故郷での学校建設と女性用の刑務所設立プロジェクト。ご自身でビールをプロデュースし、その売り上げをプロジェクトの資金にあてているのだとか。バンサ氏はお酒を飲まないそうですが、ビール大好きなドイツ国民に合わせた戦略的な方法ですね。

こちらのリンク先からバンサ氏が王様のコスチュームに身を包んだ姿が見られますが、面白いのはこっそりと肌の色に合わせた茶色のセーターを着ていらっしゃること。北国ドイツでは、故郷のスタイルは寒いですよね。そんなところからも、バンサ氏が二国の間でバランスをとっている様子が見て取れます。これからも、故郷とドイツをつなぐ存在として頑張ってほしいものです。

[All photos by Shutterstock.com]
[King of the road: The African monarch who works as a German mechanic (when he’s not ruling his people via Skype)]

倉田直子

Naoko Kurata ライター
オランダ在住ライター。元バックパッカーの旅行愛好家。2004年に映画ライターとしてデビュー。2008年、北アフリカのリビアへ移住後に海外在住ライターとして活動スタート。2011年から4年間のUKスコットランド生活を経て、2015年夏にオランダへ再移住。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0758JCDTM/


, | 豆知識,ヨーロッパ,アフリカ,ドイツ,ガーナ,アフリカその他,豆知識,豆知識,豆知識


ドイツの豆知識関連リンク

学生牢4 学生牢4

ヴィースバーデン1 ヴィースバーデン1
トリーア11 トリーア11
リンブルク15 リンブルク15
マインツ1 マインツ1
コッヘム4 コッヘム4
アルスフェルト6 アルスフェルト6
マールブルク15 マールブルク15
コッヘム4 コッヘム4
1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

#トリビア #実話