> > > > 【連載】海外の嘘のような本当の話/第2回「イギリスには狼男や吸血鬼に襲われた時のための保険がある!?」

,,,,,, | 豆知識,イギリス,ヨーロッパ

【連載】海外の嘘のような本当の話/第2回「イギリスには狼男や吸血鬼に襲われた時のための保険がある!?」

ライター: 倉田直子
掲載日: May 4th, 2016. 更新日: Jan 18th, 2017

オランダ在住、TABIZINEライターの倉田直子です。子どものころから、日本の常識では考えられないような、外国の面白いハナシが大好きでした! この連載で、筆者が直接または間接的に見聞きした「まさかそんなことがあるなんて!?」というお話を、みなさんとシェアしていきたいと思います。

■あわせて読みたい 【連載】海外の嘘のような本当の話
第1回「オランダではキスマークが切手の代わりになる!?」
第3回「王様と自動車整備工、二足のわらじを履く部族王」
第4回「イスラム圏では、披露宴は男女別々に行う!?」

第2回目は、イギリスのお話。

以前、イギリスのスピリチュアル・スポットであるグラストンベリーの記事にも書きましたが、イギリス人は神秘的なものが大好き! オカルト的なものや、幽霊も「あるもの」と自然に受け入れられています。

日本人も同じ傾向にあるとは思うのですが、そんな我々が見ても「えっ!?」と思ってしまうような世にも奇妙なイギリスの保険をご紹介したいと思います。


UFOにさらわれた時のための保険

【連載】海外の嘘のような本当の話/第2回「イギリスの世にも奇妙な3つの保険」

ロンドンを拠点とする保険会社GRIP(Goodfellow Rebecca Ingrams Pearson)が販売しているのは、なんと「UFOにさらわれた時のための保険」。年間の保険料は100ポンド(2016年4月現在1ポンド約155円)で、2000年の数字ではありますが3万7000人の加入者がいるのだとか。

これにより、保険会社は約400万ポンド(約6億2000万円)の利益を得ていることになります。こういう保険を販売する企業にも驚きますが、実際に加入してお金を支払う人がいることにも驚きます!

けれど当然のこととはいえ、保険加入者が「宇宙人にさらわれた!」と主張しても保険金を受け取るまでには様々な関門があります。「うそ発見器」のテストを通過したり目撃者の証言なども必要になるのだとか。

,,,,,, | イギリス,ヨーロッパ,豆知識,豆知識


イギリスの豆知識関連リンク

観光局が考えるイギリス人観光客のおもてなしポイント 観光局が考えるイギリス人観光客のおもてなしポイント
英国政府観光庁がマーケティングする日本人旅行客とは? 英国政府観光庁がマーケティングする日本人旅行客とは?
【訪日外国人観光客ランキング】宿代と飲食費に最もお金をかける国は? 【訪日外国人観光客ランキング】宿代と飲食費に最もお金をかける国は?
経験者が教える、ロンドン滞在中に意外と困るこんなこと【雑用編】 経験者が教える、ロンドン滞在中に意外と困るこんなこと【雑用編】
JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット JALの「エコノミーでもラウンジ利用可能」ロンドン深夜便のメリット
【クイズ】これはなんでしょう? in ヨーロッパで見つけた不思議なもの 【クイズ】これはなんでしょう? in ヨーロッパで見つけた不思議なもの
ロンドンに輸出したい!在住日本人が欲しいもの9選 ロンドンに輸出したい!在住日本人が欲しいもの9選
ロンドン地下鉄でみかけた珍事三選 ロンドン地下鉄でみかけた珍事三選
うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選 うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識 ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT