> > > > 【世界でも最大規模の美術館】在住者が教える、パリのルーヴル美術館攻略法

【世界でも最大規模の美術館】在住者が教える、パリのルーヴル美術館攻略法

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント



3つのセクションの入り口

在住者が教える パリルーヴル美術館攻略法
ルーヴル美術館にはリシュリュー翼(Richelieu)、シュリー翼(Sully)、ドゥノン翼(Denon)の3つのセクションがあります。ガラスピラミッドの下にあるナポレオンホールに、この3つのセクションの各入り口があります。例えば、 ドゥノン翼には、モナ・リザがあり、 シュリー翼にはミロのヴィーナスがあります。より具体的なコレクションとセクションについてはこちらからご覧下さい。

[見取り図館内のご案内PDF]

ルーヴル美術館のコレクション

在住者が教える パリルーヴル美術館攻略法
在住者が教える パリルーヴル美術館攻略法
ルーヴル美術館では古代文明からイスラム美術、1848年頃までの中世西洋美術のコレクションまでを網羅しています。所蔵作品は30万点以上。ルーブル美術館の有名なコレクションと言えば、モナ・リザ、ミロのヴィーナス、フェルメールのレースを編む女などがあります。あまり知られてはいませんが、ルーヴル美術館では絵画だけでなく、中世、ルネッサンス、17・19世紀の工芸品なども展示されています。かのマリー・アントワネットが使用していた食器や化粧品、香水などの瓶の展示などもされていますよ。

ルーヴル美術館を効率よく見て回るために

在住者が教える パリルーヴル美術館攻略法
この膨大なコレクションのあるルーヴル美術館を見て回るおススメの方法は2つ。1つ目は美術とかにはあまり興味はないけれど、せっかくパリに来たのだから有名な作品だけを見てみたいという方向けの方法。実際にルーヴルを訪れる人の大半が、有名な作品を見て回るだけという人のよう。例えばモナ・リザまで案内してくれる表示もありますので、そうした表示を利用するとよいでしょう。しかし、ルーヴル美術館は広いので、有名作品といえども各階にあり、かなり歩かなければなりません。

在住者が教える パリルーヴル美術館攻略法
2つ目はコレクションを絞って鑑賞する方法。1つ目の方法だと実際鑑賞している時間よりも館内を歩いている時間の方が長かったりもします。しかし、17〜19世紀のフランス絵画や、ギリシャ・エトルリア・ローマ美術など、テーマに絞って鑑賞をすれば、一つ一つの作品を堪能することができます。ルーブル美術館の一部ではあるけれど、しっかり鑑賞できたと心にも焼き付くことができるのではないでしょうか


世界最大級のルーヴル美術館をしっかり見るのには、これらのことを頭に入れてから訪れましょう。ただ疲れたということにならないように、しっかり計画を立ててくださいね。【24時間あったらパリで何する?】在住者おすすめのパリの過ごし方も要チェックです!

[ルーヴル美術館]

[地球の歩き方2016〜17 パリ&近郊の町]
[All photos by Nanako Kitagawa]

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


, | フランス,ヨーロッパ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,観光,観光


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク

Mons Fromagers Affineur リヨンのチーズ店モンス Mons Fromagers Affineur リヨンのチーズ店モンス
235937-05 235937-05
ハーブやトマト味も揃う、焼きサバの缶詰 ハーブやトマト味も揃う、焼きサバの缶詰
Voisin Chocholate ヴォワザン Voisin Chocholate ヴォワザン
238415-05 238415-05
マヨネーズ入りのツナ缶 マヨネーズ入りのツナ缶
237347-04 237347-04
235586-04 235586-04
233504-05 233504-05
フランスのクレープは日本と比べてシンプル フランスのクレープは日本と比べてシンプル
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#パリ #ルーヴル美術館