> > > > HAPPY NEW YEAR!世界のお正月はどんなふうに過ごすの?

HAPPY NEW YEAR!世界のお正月はどんなふうに過ごすの?

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Jan 1st, 2017. 更新日: Jan 4th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

あけましておめでとうございます。いつもTABIZINEをご愛読いただきましてありがとうございます。

さて、2017年、世界のあちこちではどんなお正月を迎えているのでしょうか。海外現地在住のTABIZINEライター陣に聞いてみました!


アメリカ ニューヨーク

HAPPY NEW YEAR!世界のお正月はどんなふうに過ごすの?

「あけましておめでとうございます。
NYでは、年越しには世界的に有名なタイムズスクエアのカウントダウンがあります。そのほかにも年越しのパーティが、クラブやレストランで派手に行われます。でも日本のように、年越し蕎麦を食べたり、除夜の鐘を聞いたりする風流な習慣はありません。元日は、初詣もお年玉もなく、前日の馬鹿騒ぎで飲みつぶれて寝正月が多いでしょうか。

1月2日からは仕事も始まり、日常に戻ります。ストリートにはクリスマスツリーが打ち捨てられています。旅行にいらしたあなたは、メトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art)やニューヨーク近代美術館(Museum of Modern Art)などの美術館は開いていますので、美術鑑賞が良いでしょう」(青山 沙羅

イギリス

世界のお正月はどんなふうに過ごすの?

「ロンドンの花火がカウントダウンに華を添えるイングランドでは、ニューイヤーズイヴ(大晦日)にお祝いします。クリスマスは家族のための一日ですが、この日はとにかく友達と集まってパーティー! ひたすら飲みます。翌日は二日酔い必至。パーティー疲れのため何をするでもなく、だらだら寝て過ごすのがニューイヤーの正しい過ごし方?! まさに寝正月ですね」(Shio Narumi)

フランス パリ

世界のお正月はどんなふうに過ごすの?

「パリのお正月はとても静か。三が日を家族で過ごす習慣もなく、2日から普通の日が始まります。特に何かするわけでもなく、ただ単にゆっくりと過ごす正月。12月31日のカウントダウンを盛大に祝うので、疲れてお昼まで寝ているというパリジャンが多いのです。そんなフランスですが、多くの家庭でお正月に特別食べるものがあります。フランスでは1月1日にレンズ豆のスープを食べると一年の金運が良くなると言われています。質素にレンズ豆のスープを食べて一年が始まるのです」(北川菜々子

(次のページに続く)

,,,, | 豆知識,ヨーロッパ,北アメリカ,オセアニア・南太平洋,フランス,イタリア,ドイツ,オランダ,オセアニア・南太平洋その他,アメリカ,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識


フランスの豆知識関連リンク

人気商品も店頭に 人気商品も店頭に
パリ・シャルルドゴール空港近郊「ロワシー・アン・フランス地区」Campanile Roissy Charles de Gaulle(カンパニル・ロワシー・シャルルドゴール) パリ・シャルルドゴール空港近郊「ロワシー・アン・フランス地区」Campanile Roissy Charles de Gaulle(カンパニル・ロワシー・シャルルドゴール)
Marché aux Huîtres de Cancale カンカル牡蠣市場 Marché aux Huîtres de Cancale カンカル牡蠣市場


フランスのアジア料理ブッフェ店にて フランスのアジア料理ブッフェ店にて

テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋 テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋
フランス南西部の町・フォア。駅から要塞が見えます フランス南西部の町・フォア。駅から要塞が見えます

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#お正月 #世界 #習慣 #行事 #過ごし方