TABIZINE > 豆知識 > 国内移住するならどこがいい?助成金のある移住者に優しい自治体【北海道編】

国内移住するならどこがいい?助成金のある移住者に優しい自治体【北海道編】

Posted by: 坂本正敬
掲載日: Sep 30th, 2017. 更新日: Oct 17th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

全国には移住者の受け入れのために、さまざまな助成制度を設けている自治体があります。旅先で「なんだか住みたいかも」と思ったら、そうした制度を大いに活用したいですよね。

そこで今回は一般社団法人移住・交流推進機構や各自治体の公式ホームページ情報をもとに、全国で移住者受け入れに関して特徴的な取り組みを行っている自治体を、紹介していきたいと思います。

利尻は定住すれば100万円!?移住者に優しい自治体【北海道編】

今回は北海道編。特に目立つ助成制度がある地域は?

 


移住するだけでサポートが受けられる自治体

利尻は定住すれば100万円!?移住者に優しい自治体【北海道編】

最初は移住をするだけで、住居を入手しなくても補助が受けられる自治体を紹介します。特に条件が優れている自治体は次の通り。

・利尻町・・・利尻に生活の本拠地を移し、定住して就業が認められた上で、各種の手続きを終えた世帯(単身世帯は除く)に100万円の助成

利尻町とは北海道北端の西側に、利尻水道を隔てて浮かんでいる島の町ですね。利尻礼文サロベツ国立公園にも含まれる場所で、昆布も利尻富士も有名です。

利尻町は移住と定住、就労が認められれば100万円が支給される自治体。移住先としては有力な候補となってくれそうですね。ただし、

<公務員や事業の都合(転勤等)で一時的に本町に居住することが明らかである場合は適用されません>

<5年以内に当町から転出される場合、年数に応じた率で奨励金を返還して頂きます>

(どちらも公式ホームページより引用)

とあります。注意したいですね。

また、利尻以外にも家賃補助という形で、移住者をの賃貸入居をサポートしている自治体もたくさんあります。2016年度の情報ですが、以下にまとめてみました。

北見市、赤平市、三笠市、滝川市、当別町、南幌町、奈井江町、由仁町、栗山町、秩父別町、幌加内町、利尻町、幌延町、置戸町、湧別町、大空町、士幌町、鹿追町、厚岸町

生活のスタートをサポートしてくれる場所ですから、移住候補地として検討してみてください。

次は住宅を購入すると補助金が受けられる自治体です。

住宅を購入すると補助金が受けらえる自治体

利尻は定住すれば100万円!?移住者に優しい自治体【北海道編】

移住先では古民家など中古の家を買って改築したり、土地を安く買って新築を建てたりする人が多いと思います。住宅の購入に関して補助をしてくれる自治体もいっぱい。中でも金銭的に額の大きな自治体の代表例をピックアップしてみました。

・奈井江(ないえ)町・・・町外からの転入者が、町内業者で新築した場合(最大250万円)、町外からの転入者が中古の住宅を購入した場合(最大150万円)

・深川市・・・市内業者で新築する場合(最大100万円)+指定エリア外から引っ越してエリア内(町の中心部)に新築を建てる場合は(200万円の加算)

奈井江とは大まかに言えば旭川と札幌の中間地点、さらに細かくいえば滝川と美唄の中間に位置し、函館本線が通る町ですね。若者・子育て世帯には、上述の金額にさらに50万円の加算があります。新築の場合は最大300万、中古の場合は最大200万円が支給されます。大家族の移住先としては理想的ですね。

深川市は旭川の西にある町で、お米や深川牛がおいしい場所ですね。筆者の友人の故郷がある町でもあります。こちらも市の中心部の外から移住し、市内業者で家を新築すれば、最大で300万円が支給される計算になります。300万円、すごい金額ですよね。

もちろん他にも、住宅助成を行っている自治体は道内にたくさんあります。例えば赤平(あかびら)市では、市外から転入し、市内の業者で新築住宅を建てると200万円+18歳未満の同居中の子ども1人につき20万円の商品券配布といった助成を用意してくれています。

利尻は定住すれば100万円!?移住者に優しい自治体【北海道編】

ざっと眺めた印象として、北海道は全国的に見ても移住者に対する助成金が手厚い傾向にあります。例えば同じく移住先として人気の沖縄に関しては、残念ながら移住者に対する助成制度が十分に整っていません。

移住先として日本の北端か南端で迷っている場合は、助成制度だけを見ると北の方が狙い目かもしれませんね。

以下は2016年度の情報ですが、移住者に向けて住宅取得の助成・サポートを行っている北海道内の自治体リストになります。気になる町がないか、チェックしてみてください。

注:各種助成金、補助金は、各種条件がある場合がございますので、くわしくは自治体のWebサイトなどでご確認いただきますようお願いいたします。

小樽市、室蘭市、釧路市、帯広市、岩見沢市、留萌市、苫小牧市、芦別市、江別市、赤平市、士別市、三笠市、千歳市、滝川市、砂川市、深川市、富良野市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、福島町、森町、八雲町、厚沢部町、奥尻町、せたな町、黒松内町、黒松内町、仁木町、余市町、南幌町、奈井江町、由仁町、長沼町、栗山町、浦臼町、妹背牛町、秩父別町、鷹栖町、上川町、南富良野町、和寒町、剣淵町、美深町、音威子府村、中川町、幌加内町、増毛町、苫前町、羽幌町、幌延町、美幌町、津別町、斜里町、置戸町、佐呂間町、湧別町、西興部村、大空町、豊浦町、厚真町、洞爺湖町、新冠町、浦河町、様似町、えりも町、新ひだか町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町、幕別町、池田町、本別町、足寄町、厚岸町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町、標津町

明日は「移住者に優しい自治体【東北編】」をお届けいたします!

利尻は定住すれば100万円!?移住者に優しい自治体【北海道編】

[2016年度版 知らないと損する全国自治体支援制度 -一般社団法人移住・交流推進機構]
[ふるさと定住促進事業 – 利尻町]
[定住に向けた住宅支援制度 – 奈井江町]
[芦別市への定住 を支援します – 芦別市]
[「持家住宅建設等助成事業」のお知らせ – 赤平市]
[住宅助成制度(まちなか居住等推進事業)について – 深川市]
[All Photos by shutterstock.com]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
翻訳家・ライター・編集者。東京生まれ埼玉育ち。成城大学文芸学部芸術学科卒。現在は、家族と富山に在住。小学館〈HugKum〉など、在京の出版社および新聞社の媒体、ならびに〈PATEK PHILIPPE INTERNATIONAL MAGAZINE〉など海外の媒体に日本語と英語で寄稿する。 訳書に〈クールジャパン一般常識〉、著書(TABIZINEライターとの共著)に〈いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日〉など。北陸3県のWebマガジン〈HOKUROKU〉(https://hokuroku.media/)創刊編集長。その他、企業や教育機関の広報誌編集長も務める。文筆・編集に関する受賞歴も多数。


,,, | 豆知識


豆知識関連リンク

旧住友家の本邸の庭園「慶沢園」 旧住友家の本邸の庭園「慶沢園」

ギョベクリテペ ギョベクリテペ
伊勢神宮 伊勢神宮
上州太田焼そば 上州太田焼そば
ICOCA① ICOCA①
アイスクリームのイメージ アイスクリームのイメージ
石川県珠洲岬ランプの宿 石川県珠洲岬ランプの宿
スペースシャトルの打ち上げのイメージ スペースシャトルの打ち上げのイメージ
BT21 minini パスポートケース BT21 minini パスポートケース
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#助成金 #国内 #田舎暮らし #移住



豆知識