TABIZINE > 中部 > 福井県 > ホテル > 世界初の「メガネかけ放題」な民泊宿とは?GW直前に福井県でオープンです

世界初の「メガネかけ放題」な民泊宿とは?GW直前に福井県でオープンです

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Apr 22nd, 2022.

泊まれる映画館、泊まれる公園、泊まれる書店……。さまざまなユニークな宿が登場して私たちを楽しませてくれていますが、遂に「メガネかけ放題の宿」が登場することになりました。その名も「さばえめがねハウス」。メガネの産地として知られている福井県鯖江市にゴールデンウィーク直前の2022年4月23日(土)に誕生すると言いますが、いったいどのような宿なのでしょうか?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

 


メガネのまちに注目宿が誕生


2022年4月23日(土)にオープンを控えているのが、今回紹介する「SABAE MEGANE HOUSE(さばえめがねハウス)」です。その名の通り、メガネの産地と知られる、福井県鯖江市に構える1棟貸しの民泊宿。山あいの川田地区に佇む、昔ながらの屋敷が利用された、なんとも趣ある施設なのです。

ここだけのメガネ体験が満載


宿に到着すると、まずは地元の提灯屋さんと和紙職人さんが作った大きなめがね提灯がお出迎え。


メガネの素材で作られたランプや、メガネのデザインが施されたネオンサインも盛り上がるポイントです。


館内の設えを楽しんだ後は、お気に入りのメガネを探す特別体験も。いろいろ試してみてメイドインサバエのメガネを満喫することができるのです。


自分に似合うメガネを研究したり、写真を撮りあったりと、さまざまな楽しみ方ができそうですよね。

14人まで宿泊できる1棟貸し民泊


さばえめがねハウスは、14人まで宿泊できる11LDKの一棟貸しの民泊です。


館内には、ゆったりくつろげるおしゃれなリビングルームや、自由に利用できる広いキッチン、寝室(和室・ドミトリールーム)のほか、3カ所のシャワールームと4カ所のトイレも備えられています。

SABAE MEGANE HOUSE(さばえめがねハウス)
所在地:福井県鯖江市別司町31-17
電話:050-5364-0504
公式WEBサイト:https://sabae-megane-house.com/

今回は、鯖江市のメガネとじっくり向き合える、ちょっと不思議な宿「SABAE MEGANE HOUSE(さばえめがねハウス)」を紹介しました。2022年4月23日(土)にオープンするので、気になる人はチェックしてみてくださいね。きっと特別な時間を楽しむことができるはずですよ。
 

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

, | 特集,ホテル・旅館,中部,福井県,ゴールデンウィーク,ホテル


福井県のホテル関連リンク



茶屋テラス(北西の展望台) 茶屋テラス(北西の展望台)
坐禅1 坐禅1
料理1 料理1
川 川
夜のはづちを楽堂 夜のはづちを楽堂
冬でもあったか。「畳風呂」がとにかく斬新! 冬でもあったか。「畳風呂」がとにかく斬新!
1

#ユニーク #民泊