TABIZINE > 近畿 > 兵庫県 > 豆知識 > 【実は日本が世界一】「世界最小の恐竜の卵」はウズラの卵くらいの大きさ

【実は日本が世界一】「世界最小の恐竜の卵」はウズラの卵くらいの大きさ

Posted by: 坂本正敬
掲載日: Sep 21st, 2022.

日本が誇る意外な世界一を紹介するTABIZINEの連載。今回は、旅のプログラムとしても人気の「恐竜」に関する世界一です。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


卵が常設展示される『兵庫県立人と自然の博物館』 image by Hiro zip post(Wikipediaより)
 


 


ウズラの卵と同じくらいの恐竜の卵


筑波大学のプレスリリース「世界最小の恐竜卵化石を発見!~多様な小型恐竜の存在判明、兵庫県丹波市の卵殻化石群で~」より

恐竜に関するスポットは、旅の目的地にもなりますよね。例えば、福井県勝山市にある「福井県立恐竜博物館」は、県内外の人が集まる人気の観光スポットになっています。

そんな恐竜に関する世界一が今回の話題です。実は、「世界で最も小さい恐竜の卵」が、兵庫県にあるとご存じでしょうか? その大きさはウズラの卵と同じくらいで、だいたい4.5cm×2cmです。

そんな小さい恐竜(獣脚類恐竜)の卵が、恐竜化石の一大産地として知られる兵庫県丹波市で、2019年(平成31年)1~3月に行われた大規模発掘により見つかったのですね。

ギネス世界記録にも認定


筑波大学のプレスリリース「世界最小の恐竜卵化石を発見!~多様な小型恐竜の存在判明、兵庫県丹波市の卵殻化石群で~」より

この卵は、「ヒメウーリサス・ムラカミイ」と命名されました。

丹波市で見つかった竜脚類恐竜(丹波竜)の発見者(村上茂さん・足立洌さん)のうち村上茂さんにちなむ名前だそうで、2020年(令和2年)5月に学術誌の電子版に研究論文が掲載され、ギネス世界記録にも同月23日に認定されました。現在もその記録は破られていません。

上述した大規模な発掘では、約1,300点の卵と殻の化石が見つかりました。2足歩行する(主に肉食性の)恐竜グループ・獣脚類恐竜の卵もあって、その中に新種の卵ヒメウーリサス・ムラカミイが含まれていたのですね。

ちなみに、獣脚類の代表例は、ティラノサウルスやオビラプトルで、鳥類の祖先を含むと辞書に書かれています。

世界最小の卵化石ヒメウーリサス・ムラカミイは現在、『兵庫県立人と自然の博物館』3階の展示室「丹波の恐竜化石」に常設の展示品として加わっています。

兵庫県を訪れたら、ぜひ足を運びたいですね。

兵庫県立人と自然の博物館
兵庫県三田市弥生が丘6丁目
電話:079-559-2001
公式サイト:https://www.hitohaku.jp/

[参考]
Fossilized dinosaur egg found in Japan recognized as world’s smallest – The Japan Times
Smallest fossilized non-avian dinosaur egg – Guinness World Records
恐竜卵の化石、推定10グラム 世界最小ギネス記録に – 朝日新聞
世界最小の恐竜卵化石を発見! ~多様な小型恐竜の存在判明、兵庫県丹波市の卵殻化石群で~ – TSUKUBA JOURNAL
ひとはく・ちがくレター(令和2年11月15日号) – 兵庫県立 人と自然の博物館

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


| 豆知識,兵庫県,豆知識


兵庫県の豆知識関連リンク


夜景のイメージ 夜景のイメージ
明石市立天文科学館プラネタリウム 明石市立天文科学館プラネタリウム

コーヒー コーヒー
兵庫県神戸市神戸ムスリムモスク1 兵庫県神戸市神戸ムスリムモスク1
兵庫県神戸市淡河宿本陣跡 兵庫県神戸市淡河宿本陣跡
竹田城跡 竹田城跡
神戸岩茶荘 お茶 神戸岩茶荘 お茶
三木屋26号室 三木屋26号室
1 2 3 NEXT

#世界一



豆知識 兵庫県 豆知識