TABIZINE > 北海道・東北 > 秋田県 > お土産 > 【秋田おすすめ土産】見た目も味もバナナ!白餡がみっちり詰まった「煉屋バナナ」

【秋田おすすめ土産】見た目も味もバナナ!白餡がみっちり詰まった「煉屋バナナ」

Posted by: Chika
掲載日: Nov 15th, 2022.

秋田県大館市にあるお菓子屋さん「煉屋(ねりや)菓子舗」から販売されている「煉屋バナナ」。バナナの形をした可愛らしい最中です。秋田空港で1個から買えるので、ばらまき土産にもおすすめ。今回は実食ルポで紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

煉屋バナナ パッケージと中身


 


煉屋バナナってどんなお菓子?

煉屋バナナ 秋田空港
©ひつじ
1927(昭和2)年創業、秋田県大館市の煉屋(ねりや)菓子舗から販売されている「煉屋バナナ」は、白餡が入った最中です。その名の通り見た目もバナナ、白餡もバナナの風味を感じる珍しいお菓子。秋田空港でばら売り(1個 税込151円)されているので、気軽に買えるのもうれしいです。

ばら売りのほかに、5本入831円、8本入1,393円、12本入2,041円、16本入2,710円、20本入3,326円(全て税込価格)と種類がそろっています。ちなみに、気軽に食べられてサイズが小さめの「煉屋ミニバナナ(1個 税込118円)」も秋田空港で販売されていました。

どこで買える?

秋田県内にあるイオン大館店や、イオン五城目店、イオン御所野店のほか、道の駅などでも販売されているようです。今回は秋田空港のお土産ショップで購入しました。煉屋菓子舗のサイトからも通販可能です。

バナナの形をした最中が可愛い

バナナ型の最中 煉屋バナナ
バナナを使ったお菓子なのはわかるのですが、パッケージを見ただけでは最中だとはわかりません。2008年の全国菓子大博覧会で外務大臣賞を受賞したということで、袋に印字がされています。

袋から取り出してみると、バナナの形をした最中がお目見え。最中にも商品名の煉屋バナナという文字が刻印されています。白餡が入っているので、ずっしりとした重みが感じられました。

煉屋バナナ 断面
2つに割ってみると中にみっちりと詰まった白餡が。袋から最中を取り出したときもそうだったのですが、バナナの香りが漂います。いただいてみると、「うん、バナナ!」と思わず口から出てしまうほど。白餡の優しい甘さのなかに、バナナの風味がしっかりと感じられます。

煉屋バナナ バナナ風味の白餡
最中にたっぷりと白餡が入っていることもあって、ボリュームがあり食べ応え抜群。実際に食べてみて、小さめのサイズがあることも納得でした。食べるときに最中が口のなかにくっつくので、お茶やコーヒーなどと一緒にいただくのがおすすめ。甘みのない飲み物がよさそうです。

煉屋バナナ
価格:1個 151円(税込)
5本入 831円(税込)/8本入 1,393円(税込)/12本入 2,041円(税込)/16本入 2,710円(税込)/20本入 3,326円(税込)
賞味期限:筆者が購入したときは2週間強でした
公式サイト:https://www.neriyakashiho.com/

[Photos by Chika]

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。
 

Chika

Chika
都内在住、京都をこよなく愛する、コテコテの大阪人。飛行機好きが高じて航空会社のグランドスタッフとして勤務していた経験も。海があるところに行くと癒される。


,,, | グルメ,お土産,現地ルポ/ブログ,北海道・東北,秋田県,お土産,現地ルポ/ブログ


秋田県のお土産関連リンク

こめらむね こめらむね


なまはげのおくりもの 手に持ってみた なまはげのおくりもの 手に持ってみた
煉屋バナナ パッケージと中身 煉屋バナナ パッケージと中身
【今買うべき新作お土産】老舗とコラボした新しいプリン!あきたプリン亭「しょうゆプリン」 【今買うべき新作お土産】老舗とコラボした新しいプリン!あきたプリン亭「しょうゆプリン」


たまごの樹「なめらかプリン」 たまごの樹「なめらかプリン」

1 2 NEXT

#ご当地グルメ #ばらまき土産 #スイーツ #和菓子