TABIZINE > 観光 > 絶景 > 【映えスポット10選】一度は行ってみたい日本の絶景を現地ルポで紹介

【映えスポット10選】一度は行ってみたい日本の絶景を現地ルポで紹介

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Apr 23rd, 2023. 更新日: Jul 22nd, 2023

旅行に出かけるとき、「絶景」や「映え」で行く場所を探していませんか? これまでTABIZINEで紹介した絶景スポット10カ所をピックアップしました。温泉やキャンプ場、公園など眺望が美しい場所はもちろんのこと、トンネルや産業遺跡など、自然が作り出す神秘的な風景が絵になる場所もありますよ。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

「元乃隅神社」【山口県長門市】
 


 


噴水やローズガーデン、茶室もある「箱根強羅公園」【神奈川県・箱根町】

箱根強羅公園(神奈川県)
©︎ TABIZINE編集部

神奈川県・箱根町の箱根強羅公園は、大正時代に造られた日本初のフランス式整型庭園。平坦で広大な敷地に左右対称に幾何学的に池などを配置するのがフランス式整型庭園ですが、こちらは傾斜面につくられているのが特徴です。

中央に位置する噴水は山を背景にして映えるスポット。そのほか、春は5月下旬〜6月下旬が見頃、秋は10月中旬〜11月上旬が見頃のローズガーデンや、熱帯植物館、茶室、クラフトハウスなどもあり、いずれも写真に収めたくなるばかりです。


 

箱根強羅公園
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
年中無休
入園料:大人550円(税込) ※小学生以下は無料
駐車場:普通車43台完備(有料1時間300円)
URL:https://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/

水鏡+鏡面天井が絶景を生み出すアート「清津峡渓谷トンネル」【新潟県十日町市】

「清津峡渓谷トンネル」【新潟県十日町市】
©︎ TABIZINE編集部

日本三大峡谷のひとつ、新潟県十日町市の「清津峡(きよつきょう)」は、柱状節理(ちゅうじょうせつり)とエメラルドグリーンの清津川が織りなす風景が圧巻。

さらに、清津峡渓谷トンネルの水盤鏡の絶景は、水鏡+鏡面天井で絶景を生み出すアート作品でもあり、映える写真が撮れるとSNSで話題です。


 

清津峡渓谷
住所:新潟県十日町市小出癸2119-2
電話:025-763-4800(清津峡渓谷トンネル管理事務所)
トンネル受付時間:8:30~16:30(閉坑時間17:00)
※定休日なし(冬季は降雪状況により臨時休坑あり)
 
清津峡エントランス施設
営業時間:9:00~16:00 (※4月~11月まで営業)
トンネル入坑料:大人(高校生以上) 800円、子供(小・中学生) 400円、未就学児無料
URL:https://nakasato-kiyotsu.com

ラピュタのような景色!マジックアワーが幻想的「北沢浮遊選鉱場」【新潟県・佐渡島】

「北沢浮遊選鉱場」【新潟県・佐渡島】
©︎ Aya Yamaguchi

新潟県・佐渡島の「北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)」は、佐渡金山のすぐ近くにあり、鉱山の近代化に貢献した施設群のひとつ。緑で覆われた廃墟感がまるでラピュタのようとSNSで話題です。

昼はもちろん、夜のLED照明を使った色彩豊かなライトアップも必見! 夕暮れどき、昼と夜のはざまのマジックアワーの北沢浮遊選鉱場は幻想的です。


 

北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)
住所:新潟県佐渡市相川北沢町3−2
駐車場:乗用車30台
URL:https://niigata-kankou.or.jp/spot/42550
 
ライトアップ
実施期間:2023年4月21日(金)~2026年2月29日(木)
時間:19:00〜22:00(4月~9月)、17:00〜22:00(10月~2月)
入場料:無料
https://www.city.sado.niigata.jp/soshiki/2019/49333.html

赤富士や逆さ富士が見られるかも「浩庵キャンプ場」【山梨県・本栖湖】

洪庵キャンプ場
©︎ すぎさく。

山梨県・本栖湖の湖畔に広がる「浩庵キャンプ場」。富士山を望むその絶景は、1,000円札の裏側デザインのモデルになっていることでも有名です。アニメ『ゆるキャン△』のモデル地としても広く知られています。

富士五湖の1つ「本栖湖」と「富士山」のダブル絶景という非日常的な雰囲気は、ここならでは。絶好の撮影タイムは日の出の瞬間です。そのほか富士山が赤く染まる赤富士や、湖面に映る逆さ富士が見られるチャンスも!


 

浩庵キャンプ場
住所:山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926
電話番号:0556-38-0117
料金:テントサイト/大人(中学生以上)1泊600〜900円、1泊小学生400〜600円+テント設営料/1泊1,000〜1,200円、タープ設営料/1泊500〜700円+駐車場1泊1,000〜1,200円(キャンピングカーは1泊2,000〜2,400円)、バイク1泊600〜800円、キャビン/4人用8,800円、6人用22,000円、10人用38,500円 ※テントサイト利用料は、チェックイン時間及び平日・週末・祝日、繁忙期によって変動します
チェックイン/チェックアウト:7:30/10:00(レイトチェックアウト17:00)

大阪湾を一望できる温泉「アクアイグニス淡路島」【兵庫県・淡路島】

「アクアイグニス淡路島」【兵庫県・淡路島】
©︎ Nanako Kitagawa

淡路島北端の明石海峡公園の海岸ゾーンにある「アクアイグニス淡路島」は、淡路島の食と自然を楽しむ複合型天然温泉リゾート。

こちらのイチオシは、お湯に浸かりながら大阪湾を一望できる温泉「伊奘冉の湯湯(いざなみのゆゆ)」。晴れた日は関西空港が見える絶景スポットです。水着を着用して入る温泉なので、カップルや家族連れでも楽しめますよ。


 

アクアイグニス淡路島
住所:兵庫県淡路市夢舞台2−28
電話:0799-73-6602
公式サイト:https://www.aquaignis-awaji.jp/index.php

日本一高い白亜の灯台「出雲日御碕灯台」【島根県出雲市】

出雲日御碕灯台
©︎ TABIZINE編集部

星野リゾートの温泉旅館「界 出雲」の目の前にある、「出雲日御碕(ひのみさき)灯台」は、青空と海に映える白い石造り。地面から塔頂(灯塔)までの高さが43.65mある日本一高い灯台です。

灯台のそばには柱状の奇岩や隆起した岩盤、断崖絶壁が連なっており、自然によって生まれた造形美が広がっています。日本海の白く高い波が岩に打ち付けるそばに凛と佇む灯台の美しさも必見です。


 

出雲日御碕灯台
住所:島根県出雲市大社町日御碕1478
問い合わせ電話番号:0853-54-5341
営業時間:【3月~9月】平日 9:00~16:30/土日祝 9:00~17:00
【10月~2月】9:00~16:30
入場は参観終了時刻の20分前まで
点検や天候などにより入れないこともあります

日本海の景色を眺めながら買い物も「道の駅キララ多伎」【島根県出雲市】

KIRARAモニュメント
©︎ TABIZINE編集部

島根県出雲市多伎町にある「道の駅キララ多伎」は、日本海に面していて、季節ごとの海の景色が望めるという絶好のロケーション。

充実した品ぞろえで島根のお土産探しにもぴったりなうえ、海鮮丼やご当地グルメでお腹も満たせる、おすすめの道の駅です。


 

道の駅キララ多伎
島根県出雲市多伎町多岐135-1
電話番号:0853-86-9080
営業時間:特産コーナー9:00~18:30/フードコート9:30~18:00/休憩ホール・トイレ・駐車場:24時間
URL:https://www.kirara-taki.co.jp/kirara-taki/

青い海と空に赤い鳥居の絶景「元乃隅神社」【山口県長門市】

「元乃隅神社」【山口県長門市】
©︎ TABIZINE編集部

山口県長門(ながと)市の「元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)」は、青い海と空に真っ赤な123基の鳥居が織りなすコントラストが印象的な絶景スポット。SNSでも話題で、海外からも注目されています。

山道を抜けて視界に海と赤い鳥居の絶景が開けた瞬間は、360度見渡したくなるような開放感。言葉では表せない感動を、ぜひ実際に現地へ行って体験してほしいです。


 

元乃隅神社
住所:山口県長門市油谷津黄498
参拝時間:7:00〜16:30
※夜間の立入・撮影は禁止
駐車場:乗用車 1時間につき300円(1時間を超える毎に100円で最大500円)
第1駐車場:92台 (神社の目の前)
第2駐車場:24台 (神社まで約200m)
※トイレあり
公式サイト:https://www.motonosumi.com

絶景の中をドライブする爽快感「角島大橋」【山口県下関市】

「角島大橋」【山口県下関市】
©︎ TABIZINE編集部

山口県下関市の「角島大橋(つのしまおおはし)」は、本州と角島をつなぐ1,780mの橋。橋の上はもちろん、展望台や灯台、公園など、さまざまな角度から絶景が眺められるスポットです。

海が本当にきれいで、風を感じながら絶景の中をドライブする爽快感は、実際に行った人にしかわからない、すべてを吹き飛ばす開放感!


 

角島大橋
住所:山口県下関市豊北町大字神田

阿蘇の雄大な景色を楽しめる「西湯浦園地展望所」【熊本県阿蘇市】

阿蘇
©︎ Chika

熊本県阿蘇市の「西湯浦園地(にしゆのうらえんち)展望所」は、阿蘇の雄大な景色を楽しめる展望台。特に新緑の季節は、青々とした草原が本当にきれいでずっと眺めていたくなるほどです。

展望所が外輪山から突き出しているので、まるで空に浮かんでいるよう。大観峰ほど人が多くないので、静かに景色を楽しめる点でもおすすめです。


 

西湯浦園地展望所
住所:熊本県阿蘇市西湯浦1452
営業時間:10:00~17:00

TABIZINEの記事から絶景スポット10選を紹介しました。旅行先を決める際に参考にしてみてくださいね。

※記事公開時の情報です。営業時間等の最新情報はお出かけ前にご確認ください。

 

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

,,, | 観光,絶景,現地ルポ/ブログ,関東,中部,近畿,中国,九州・沖縄,神奈川県横浜市外,新潟県,静岡県,兵庫県,島根県,山口県,熊本県,温泉,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,観光,観光,観光,観光,観光,観光,観光


観光の絶景関連リンク



「阿伏兎観音」観音堂 「阿伏兎観音」観音堂
雨晴2 雨晴2
マクセルアクアパーク品川「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」美しき薔薇物語 ※イメージ マクセルアクアパーク品川「アクアパークのばら-いざ美しき海の舞踏会へ!の巻-」美しき薔薇物語 ※イメージ
黒部ダム 黒部ダム
日帰り旅行のイメージ 日帰り旅行のイメージ
千羽鶴鹿公園 くまモン 千羽鶴鹿公園 くまモン

うずまの鯉のぼり栃木9 うずまの鯉のぼり栃木9
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#公園 #展望台 #灯台 #道の駅