TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > グルメ > 【新開業「五反田JPビルディング」チェックするべきテナント4選】絶品グルメに絶景ホテル!フードコートの注目レストランも

【新開業「五反田JPビルディング」チェックするべきテナント4選】絶品グルメに絶景ホテル!フードコートの注目レストランも

Posted by: ぶんめい
掲載日: May 19th, 2024.

2024年4月26日(金)に開業した「五反田JPビルディング」。オフィス・シェアオフィスだけでなく、フードホールやホテルまで多彩な施設が集合した、注目の新スポットです。1階のフードホール「五反田食堂」には、ランチからお酒まで楽しむことができるバラエティ豊かな11店舗が出店し、高層階には星野リゾートの新ホテル「OMO5 東京五反田(おも) by 星野リゾート」も開業! 今回はそんな注目のスポットから、フードホール「五反田食堂」の3店舗を実食ルポ、高層階に位置するホテル「OMO5 東京五反田(おも) by 星野リゾート」を現地ルポ! 実際に行ってわかった、味わってわかった魅力を紹介します!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

五反田JPビルディング


新開業の「五反田JPビルディング」

2024年4月26日(金)にオープンした、「五反田JPビルディング」。五反田駅から徒歩5分の「ゆうぽうと」跡地に建つ地上20階・地下3階のビルは、以下のように多彩な施設が集合。
 

五反田JPビルディング フロアガイド

  • 14階~20階 ホテル「OMO5東京五反⽥ by 星野リゾート」
  • 5階~12階 五反田エリア最大級のオフィス
  • 3階 オフィスエントランス/ホール「CITY HALL & GALLERY GOTANDA」
  • 2階 シェアオフィス 「co-lab五反田 with JPRE」
  • 1階 フードホール「五反田食堂」


シェアオフィス 「co-lab五反田 with JPRE」

 
実は五反田、近年はグルメの街として知られるようになったことに加え、多くのスタートアップ企業も集まり、注目を集めているんです。

そんな中で開業した「五反田JPビルディング」は、「TOKYO, NEXT CREATION」をコンセプトに、多様な出会いと交流、新しい価値創造を促す、次世代の街の拠点を目指しているのだとか。多彩な魅力を持った五反田JPビルディングを、現地ルポで紹介していきます!

1階フードホール「五反田食堂」

五反田食堂入口

1階のフードホール「五反田食堂」には、東京初出店の飲食店から、五反田発の名店まで、バラエティ豊かな11店舗が出店。ランチ利用から夜のお酒まで、近年グルメの街として名をあげる“五反田ならではの味”が楽しめるんです。

今回はその中から、五反田創業・本店は予約3年待ちという「ここにもとだか」、ミシュラン掲載店「sio」が手掛ける「おいしいパスタ」、1963年創業の老舗洋食屋「アカシア」の3店舗を紹介。

今話題の新しいお店から、五反田の名店、そして歴史ある老舗までそろう、充実の新グルメスポットとなっています。

店の味をフードホールで!「ここにもとだか」

ここにもとだか 店舗外観

2015年に五反田で創業した「食堂とだか」。多くのファンを抱え、予約が取れるのはなんと3年以上先の大人気店です!

そんな食堂とだかが、五反田で4店舗目となる「ここにもとだか」を五反田JPビルディング1階の、五反田食堂に出店。

食堂とだか ここにもとだか 五反田JPビルディング

食堂とだかの名物「ウニ・オン・ザ煮卵」は、名前の通り煮卵にウニとイクラが贅沢にのった、見た目も華やかな一品。価格は800円(税込)です。

新鮮さを感じるウニに臭みはまったくなく、口の中でなめらかにとろけます。イクラの食感もプチプチで、煮卵の半熟加減もこれ以上ない絶妙さ。わさびがアクセントになりつつ、3種類の濃厚なうま味が、スプーンの上でひとつとなって凝縮されています!

トダチキ
大量の唐辛子と八角と一緒に炒めた、スパイシーかつジューシーな骨つき手羽先のから揚げ「トダチキ」も人気メニュー。

メニュー黒板

ほかにも「ここにもとだか」限定メニューとして、えだまめを使用した「ブルーチーズの白和え」(税込1,000円)や、〆には「実山椒パスタ」(税込1,300円)が登場。

多くのグルマンをうならせたメニューの数々をいただくことができますよ!

ここにもとだか
電話番号:03-6420-3734(食堂とだか)
FaceBook:https://www.facebook.com/wasse.umaka/?locale=ja_JP
営業時間:当面の間、席は予約制。17:00~/20:00~

 


 

ミシュラン掲載店監修!もちもち生パスタの「おいしいパスタ」

おいしいパスタ外観

東京・代々木上原のミシュラン掲載店「sio」が手掛けるパスタ専門店「おいしいパスタ」。和風アレンジのパスタは大人気で、福岡・博多天神の1号店は、行列店として取り上げられています!

今回の五反田JPビルディングへの出店が2号店ということで、話題のお店を東京でも味わうことができるようになりました。

和風ガーリックカルボナーラ

こちらは天神店で1番人気のメニュー「和風ガーリックカルボナーラ」。価格は税込1,210円です。

濃厚なカルボナーラでありながら、鰹節の風味と和風だしによって、やさしさのある味わいにまとまっています。さらに、ベーコンの塩味とガーリックによってパンチも加えられ、それらが混ざり合わさった新感覚。単に和風の味付のカルボナーラ、というだけではないおいしさです!

ボウル型の容器

ボウル型の器で、もちもちのパスタにソースをしっかり絡て食べるのが「おいしいパスタ」流。生パスタのもちもち具合もたまりません。

全9種類のパスタに加えて、バゲットやサラダも注文することができます。

おいしいパスタ 五反田JPビルディング店
電話番号:03-6420-0031
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)/17:00~22:00(ラストオーダー21:30)土日祝は通し営業
URL:https://sio-yoyogiuehara.com/restaurants/oishii-pasta/

 


 

ロールキャベツだけじゃない!おすすめはカレーの「アカシア」

アカシア

高度経済成長期の1963年に新宿に創業した、洋食の名店「アカシア」。新宿本店・羽田空港第2ターミナル店・伊勢丹浦和店・姉妹店となるドイツ店(TOKYO ACACIA)に次いで、5店舗目の出店です。

極辛カレー

こちらは五反田JPビルディング店おすすめの「極辛カレーライス」。価格は税込1,000円です。

アカシアといえば、ご飯との相性抜群の「ロールキャベツシチュー」が看板メニュー。しかし新宿本店の常連さんには、実はこちらの「極辛カレーライス」をリピートする方も多いのだとか。

食欲をそそるスパイスの香りが広がるルーには、ごろっとした骨付きの手羽元が2ピース入ってインパクト大。小麦不使用で、さらさらとしたテクスチャです。

手羽元

口にすると、複雑なスパイスの味わい。ピリッと辛いけれど、旨味をとても強く感じられ、ご飯がどんどん進みます! メニュー名は「極辛カレー」ですが、”おいしい辛さ”を”極め”たくて「極辛」というネーミング。激辛ではなく、旨辛の本格スパイスカレーになっています。

名物のロールキャベツシチュー(ごはん付き、ロールキャベツ2貫で税込1,100円)はもちろん、極辛カレーとロールキャベツシチューのセットメニュー(税込1,600円)などもいただくことができますよ!

アカシア 五反田JPビルディング店
電話番号:03-6420-3787
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー)
URL:https://www.restaurant-acacia.com/

 


 

ホテル内どこでも絶景!「OMO5 東京五反田(おも) by 星野リゾート」

入口

「五反田JPビルディング」内の高層階に位置し、2024年4月11日(木)に開業した「OMO5 東京五反田(おも) by 星野リゾート」。

“夜景とご馳走のパラダイス”というコンセプトをもとに、東京都心を一望する高層階からの夜景を満喫し、近年話題の五反田グルメの名店に舌鼓を打つ、そんな体験ができるホテルです! 

地上60mのロビーには空中庭園が

OMOベース

ロビーは14階の「OMOベース」。空中庭園やカフェ&バル、ホテル周辺の情報を集めたマップなどがそろいます。

空中庭園

水場と緑のランドスケープを中心とした空中庭園は注目のスポットです!

OMOカフェ

OMOカフェ&バルやラウンジスペースは、木目の調度の統一感とカラフルな色使いがあわさり、落ち着きがありながらもポップな空間。

五反田の名店グルメ堪能をサポート

五反田のグルメをテーマにしたアクティビティも充実です。

レクチャーの様子

「OMOベース」内にあるこちらの大きなご近所マップには、ホテル周辺の飲食店情報が満載。テーマに合わせたお店を紹介してくれる「五反田ご馳走レセプション」が開催されています。

ほかにも、名店のお席を30分間限定で確保できて、お得な価格で名物料理を味わえる特別なチケット「ひとさら de ご馳走パス」や、約40店舗の個性的なお店が集合するビル、通称「五反田ヒルズ」でのはしご酒を満喫するアクティビティ「五反田ヒルズツアー」も開催されています。

客室からの眺望も最高!

OMOハウススイート

「OMO5東京五反田」の188室の客室はすべてロビーより上、14階以上に位置し、地上60m~100mの高層階から抜群の展望と夜景を満喫することができます! 

五反田周辺には眺めを遮る高層ビル群などが少なく、東京都心ながらも、空が開けた立地なのだとか。

ネオン看板の意匠

すべての部屋には、全3パターンの、ネオン看板の意匠が。五反田の賑わいから着想を得た色使いやデザインが、随所に見られます。

OMO5東京五反⽥ by 星野リゾート
所在地:東京都品川区⻄五反⽥8丁⽬4番13号
電話番号:050-3134-8095(OMO予約センター)
料金:1泊 28,000円〜(1室あたり、税込、⾷事なし)
公式サイト:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5tokyogotanda/

 


 

五反田JPビルディング
所在地:東京都品川区西五反田8丁目4-13
公式サイト:https://www.jp-re.japanpost.jp/properties/gotanda-jpbuilding.html
 

 
[all photos by TABIZINE編集部]
※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。
 


 

ぶんめい

bunmei ライター
インドア派だけど、旅行はあまり計画立てずにフィーリング派。球技できないけど、野球観戦は現地で声出したい。胃弱気味だけど、ラーメン好き。文学部だけど、文字を見ないで美学を専攻。


,,,,, | グルメ,ホテル・旅館,トレンド,現地ルポ/ブログ,関東,東京都23区,その他のグルメ,グルメ,ホテル,現地ルポ/ブログ


東京都23区のグルメ関連リンク

アイキャッチ アイキャッチ
全部知ってたら「おにぎり通」!王道から最新型まで東京の厳選7軒 全部知ってたら「おにぎり通」!王道から最新型まで東京の厳選7軒
東京都文京区・「本郷ベーカリー本店」、「自家製チーズカスタード」「エビカツたまご」 東京都文京区・「本郷ベーカリー本店」、「自家製チーズカスタード」「エビカツたまご」

Onigily Cafe 外観1 Onigily Cafe 外観1
東京都武蔵野市・「PIECE OF BAKE吉祥寺店」店頭の生ドーナツ 東京都武蔵野市・「PIECE OF BAKE吉祥寺店」店頭の生ドーナツ
東京都港区・「Harry Potter Cafe Window」ドーナツ4寮セット 東京都港区・「Harry Potter Cafe Window」ドーナツ4寮セット
ワイルドポンドステーキ ワイルドポンドステーキ
アイキャッチ アイキャッチ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT