> > > > 母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選

,, | 豆知識,アジア,スライドショー,マレーシア

母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選

ライター: 坂本正敬
更新日: Jul 1st, 2016.

母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選

TABIZINEの取材旅行で先日マレーシアに行ったとき、多くの方と知り合う機会に恵まれました。

日本に何度も訪れている人や、日本に留学経験のある人など、さまざまなマレーシア人に出会いましたが、そうした方々の語る日本の印象が非常に興味深かった記憶があります。

母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選
※写真はイメージです

そこで今回は旅で出会った人たちにあらためて連絡を入れて、「初めて日本に訪れたときに驚いた点は?」と質問をしてみました。その中から共通して挙がってきた感想を以下にまとめます!




1:大声で話している人が居ない

母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選

地下鉄やバスに乗っている乗客がとても静かで驚いたという声もありました。街中で騒いでいる人が居ないとの感想も。

確かに日本人の筆者でも満員の通勤電車に揺られながら、「どうしてこんなに静かなんだろう」と思った瞬間があるほどですから、エネルギッシュな東南アジアから来た旅行者にとっては、異常なほど静かに思えたのかもしれませんね。

2:公衆トイレが多い

母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選

確かに日本には公衆トイレがたくさんあります。公園や駅構内、川べりなど至る所にありますよね?

さらにその清潔さに驚いたといった声も。実際はがっかりするくらい汚されたトイレもありますが、基本的には落書きも少なく清潔で安全ですよね。

3:イスラム教徒に優しい

母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選

最後は宗教について。マレーシアはイスラム教徒の多い国ですが、日本は意外にもイスラム教徒に優しい国で驚いたという意見もありました。

例えばお祈りの時間に使用する部屋が空港や駅に用意されていたり、イスラム教徒でも食べられる食事を多くの飲食店が用意してくれたりと、思った以上にイスラム教徒でも旅しやすい環境が整っているようです。

イスラム教徒も楽しめる環境を用意するといった、各企業や個人の細かい努力の積み重ねが、日本の好調な観光業を支えているのかもしれませんね。

,, | アジア,マレーシア,豆知識,豆知識