> > > > 海外移住【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点

海外移住【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ドイツに住んで大変だった点、日本の方がいいと思う点

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点
(C) Haruna Akamatsu

同じように「先進国」と呼ばれてはいても日本のほうが圧倒的に便利だと感じます。たとえば、ドイツでは日曜・祝日にはスーパーも含めほとんどすべてのお店が休業します。基本的にドイツにはコンビニはありませんから、開いているのはレストランやカフェ、一部のベーカリー、一部の薬局くらいです。食料品や日用品の買い物の心配を一切する必要がなかった日本はなんて便利な国だったのかと痛感する日々です。

あらゆるサービスの面でも日本のほうが優れています。ドイツではサービスをする側と受ける側は対等であり、日本のように「お客様を敬う」といった感覚はないので、日本の手厚いサービスに慣れていると不満に思うこともあります。そんなときは「ドイツで日本と同じようなサービスを期待してはいけない」と自分に言い聞かせています。

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点

しかし、筆者が最もエネルギーを費やしているのは「食」の問題かもしれません。人によって感じ方は違うと思いますが、ドイツ料理は日本人にとっては「重い」と感じることが多く、日本人の好みや体質にあまり合っているとはいえません。

そのため筆者は外食はあまりせず自炊が中心。作るのは日本食含めほとんどがアジア料理です。とはいっても、ドイツでは手に入らない食材や調味料もたくさんありますし、手に入ったとしても日本からの輸入品は日本価格の2~4倍という高級品。作る料理のレパートリーがどうしても限られてしまうのが困りものです。筆者以外にも「食事が一番辛い」と言っているドイツ在住日本人は少なくなく、「食」はドイツに暮らす日本人にとって一つの難関といえそうです。

ドイツ在住者のおすすめ観光スポット

「観光の国」と言われるだけあって、ドイツには日本人があまり知らない魅力あふれる街が点在しています。

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点
ゴスラー

そのひとつがドイツ中北部、ハルツ地方にある世界遺産の小さな街、ゴスラーです。銀鉱の採掘に伴って発展した歴史をもつ街で、建物の3分の2が1850年よりも前につくられたという旧市街はまさに時間が止まってしまったかのよう。

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点
クヴェトリンブルク

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点
ヴェルニゲローデ

ほかにもゴスラーがあるハルツ地方には、愛らしい木組みの家々が並ぶ世界遺産の街、クヴェトリンブルク、とんがり屋根の市庁舎が絵本の世界を思わせるヴェルニゲローデといった魅惑の街々があり、今まで知らなかったドイツを発見するのにぴったりのエリアです。

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点

そして、筆者お気に入りの街のひとつがドナウ河畔の古都レーゲンスブルク。ミュンヘンから鉄道またはバスでおよそ一時間半という訪れやすい場所にあるのも魅力で、ミュンヘンからの日帰り旅行も十分可能です。ドナウ川に面し重厚な大聖堂やカラフルな建物の数々が並ぶ旧市街は世界遺産にも登録されています。街の雰囲気がいいので、好奇心のままに趣ある路地を散策しているだけでとっても楽しい気分になれますよ。

リレー連載【7】在住者が語る、ドイツに住んで良かった点、悪かった点
(C) Haruna Akamatsu

レーゲンスブルクを訪れたら、ドイツ最古というソーセージ店「Historische Wurstküche(ヒストーリッシェ・ヴルストキュッヘ)」に立ち寄るのをお忘れなく。外はカリッ、中はジューシーな名物の炭火焼きソーセージは絶品です。

, | 豆知識,ヨーロッパ,ドイツ,海外移住,豆知識


ドイツの豆知識関連リンク

モンスター モンスター

マリエン広場のクリスマス市場 マリエン広場のクリスマス市場
学生牢4 学生牢4

ヴィースバーデン1 ヴィースバーデン1
トリーア11 トリーア11
リンブルク15 リンブルク15
マインツ1 マインツ1
コッヘム4 コッヘム4
1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

#住む #子育て



豆知識 ヨーロッパ ドイツ 海外移住 豆知識