TABIZINE > 中南米・カリブ > コロンビア > 現地ルポ/ブログ > コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアの治安、7つの注意点

コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアの治安、7つの注意点

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

5. 警戒心はすぐ解かない

コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアで気を付けるべき7つのこと

日本ではまだあまり聞いたことのない「Devil’s breath(悪魔の息)」というドラッグ。これはコロンビア国内で蔓延し、「世界で最も危険なドラッグ」と言われ大きな問題になっているものです。キダチチョウセンアサガオ属の花から取れる毒を粉状にしたものですが、これがなぜ「世界で最も危険なドラッグ」と呼ばれるかというと、その理由は「恐ろしい」の一言。なんとその粉は少し嗅ぐだけでも意識を朦朧とさせる力を持っており、「催眠術」にかけられたように言われるがまま自由を奪われてしまうという危険性を秘めているんです。

「君は僕と今からホテルに行くんだ」「ATMで君は10万円をおろして僕に渡さなければならない」など、普通の感覚だと「NO」と判断できる多くのことが感覚が麻痺しているが故、従うしかなくなってしまうようです。そのため多くの人が薬の効力が解けたときに通常の判断を取り戻し被害届けを出すという悲しい結末となっていますが、このターゲットとなるのはやっぱり「お金を持っていそうな観光客」。きらびやかな格好は避ける、不用意に近付いてきた人は警戒するなど、一層の注意が必要です。

6. 個人情報を教えすぎない

コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアで気を付けるべき7つのこと

陽気でお話好きな人が多いコロンビア人。女性は気さくで世話好き、男性はワイルドであり紳士的と、とても魅力に溢れた良い人たちがたくさんいます。ただ良い人が大半だということは前提に、どこにでも「悪い人」というのは存在するのは事実です。特にアジア人をあまり見かけることのないコロンビアでは好奇の的となることが多く、プライベートに踏み込んだ質問をしてくる人も多いです。

そんな中でもやっぱり必要なのは警戒心。「facebook教えて!」「どこに泊まっているの?」「これからどこに行くの?」なんていう一見簡単な質問にも、もしかしたら罠は潜んでいるかもしれません。筆者がコロンビアで出会った日本人女性でも「仲良くなったからfacebookを教えたらストーカーまがいのことをされた」と話す人がいましたが、どんなときだって必要なのは「一歩引いて物事を見る」という冷静な目。旅中の「ロマンス」は素敵ですが、一歩間違えたら「自己責任」で済まされてしまう事件に発展するということを、忘れてはいけません。

7. 夜は出歩かない

コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアで気を付けるべき7つのこと

治安の不安なところに共通することですが、コロンビアでトラブルを避けたいなら「必ず」守るべきルール。それは「夜は出歩かない」ということです。もちろん情勢は刻々と変わるので一概には言えませんが、実際コロンビアは治安が不安視されている場所であっても、昼間はそこまで危険性を感じなかったのが筆者の率直な感想です。

これはコロンビア人の友人曰く「基本的にコロンビアで起きる事件は、市民間で起きているものではなく、マフィア間などで行われる争いがほとんどだから」というのが市民の共通認識のよう。昼間は海外旅行で気を付ける当たり前のことさえ忘れなければ、コロンビアは楽しく旅行が出来る場所です。ただコロンビアにはハッキリとした昼と夜の「二つの顔」があるのは確か。トラブルを避けたいのならば、日が暮れる前に用事を済ましておくことが大切です。

コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアで気を付けるべき7つのこと

物価も安く、美味しいご飯が屋台でも一食100円ほど、サンタマルタといったようなカリブ海に面するリゾート地でもビール一杯100円ほどと、お財布事情にも優しいコロンビアという国。コロンビアにしばらくいると、「危険」という言葉が脳裏から消えてしまいそうなほど人々は優しく、ゆっくりとした時間の流れた穏やかな国であることに気付きます。

そんな「危ない国」と一言で済ますには勿体ないほどの魅力を秘めた国でもありますが、「危険」が常に隣り合わせなことは紛れもない事実です。これはコロンビアに限ったことではありませんが、南米を旅する際は「慎重さ」と「冷静さ」を常に携え、ワンランク上の注意力を持つことが大切です。そして盗難や金銭トラブルがあろうと最後には「命があるから大丈夫」と思える心が、南米旅を楽しくする秘訣なのかもしれません。

※2016年12月現在、コロンビアは地域により外務省より渡航注意が出ております。渡航検討の際は、必ずご確認ください。

[Daily Motion ー「Devil’s breathについて」]
[Photos by Saya Meguro & Shutterstock.com]

目黒沙弥

Saya Meguro ライター
北海道出身。NZや日本をヒッチハイク縦断してみたり、ヒマラヤに登ってみたり、スペインで盗難に遭ってみたり。とにかくワクワクすることがすき。将来の夢は湖畔のちかくに家を建てて、動物と自然に囲まれて暮らすこと。

,,,,,,,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,中南米・カリブ,コロンビア,現地ルポ/ブログ,豆知識


コロンビアの現地ルポ/ブログ関連リンク

南米のヨーロッパ!?美しすぎる世界遺産の街「カルタヘナ」に行くべき5つの理由 南米のヨーロッパ!?美しすぎる世界遺産の街「カルタヘナ」に行くべき5つの理由
格安リゾート!コロンビアのカリブ海「サンタマルタ」に行くべき5つの理由 格安リゾート!コロンビアのカリブ海「サンタマルタ」に行くべき5つの理由
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編 【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅コロンビア編
【気になる世界の朝ごはん】国民食は「おにぎり」みたい!?コロンビア編 【気になる世界の朝ごはん】国民食は「おにぎり」みたい!?コロンビア編
コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアで気を付けるべき7つのこと コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアで気を付けるべき7つのこと
【コロンビア】7色の海!知る人ぞ知る、美しすぎるカリブ海リゾート・サンアンドレス島 【コロンビア】7色の海!知る人ぞ知る、美しすぎるカリブ海リゾート・サンアンドレス島
1

novicelogo