> > > > 旅行者にもおすすめの食べ方!台湾でいただく「合菜」って?

旅行者にもおすすめの食べ方!台湾でいただく「合菜」って?

ライター: Yui Imai
掲載日: Apr 25th, 2017. 更新日: May 22nd, 2017

台湾人はみんなでおしゃべりをしながらわいわい食事をするのが大好き。台湾では食事する人数が多かったりお客さんをもてなしたい時に、個別に料理を注文するよりも「合菜(フーツァイ)」という形で注文することがよくあります。いろいろな料理を少しずついただけるこの食べ方は、旅行で来られた方にもおすすめですよ。


合菜って何?


テーブルの上に料理がずらり!台湾でいただく「合菜」
「合菜」という言葉は、いろいろな料理をみんなでシェアしていただく時に使われることが多いです。例えばお店で4人分、6人分、8人分のセット料理として「合菜」が組まれていることもあれば、それぞれで自由に注文してみんなで頂くときにも「合菜」という言葉が使われています。

白ご飯は人数分


テーブルの上に料理がずらり!台湾でいただく「合菜」

まずは白いご飯は人数分注文します。おかわりが無料でできることもあれば、別途注文する必要のあるお店もあります。

テーブルの上に料理がいっぱい!


テーブルの上に料理がずらり!台湾でいただく「合菜」

「合菜」を注文すると、野菜料理やお肉料理、魚料理などがどんどん運ばれてきて、テーブルの上が料理で埋まっていきます。日本ではこのような時、取り皿を使って料理を取り分けるのが普通かもしれませんが、台湾では白いご飯におかずをのせながらいただくことが多いです。

スープも欠かせない


テーブルの上に料理がずらり!台湾でいただく「合菜」
「合菜」にはスープも欠かせません。スープは最後の方に出ることが多く、ご飯を食べた器にそのままスープをそそいで飲む方がほとんどです。中には白いご飯の上にかけていただく方も。

おいしい料理がどんどん運び込まれる「合菜」は、いろいろな料理を少しずつ食べたい時にぴったりです。台湾の方といただくと、おしゃべりも食べるスピードも止まらないエネルギッシュさにびっくりしてしまうかも。

台湾ではこんな風にみんなで食卓を囲むんだなぁと雰囲気も一緒に楽しめると、きっとその日の食事は台湾旅行の良い思い出になることでしょう。

[All photos by Shutterstock.com]

Yui Imai

Yui Imai ライター
語学留学とワーキングホリデーを経て、現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに。


,, | アジア,グルメ,グルメ/夜市,台湾,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ


台湾のグルメ/夜市関連リンク

パンケーキ パンケーキ
合興八十八亭 アフタヌーンティー 合興八十八亭 アフタヌーンティー
「幸春三兄妹」 「幸春三兄妹」
220410-05 220410-05
台湾・台北「京鼎樓(ジンディンロウ)」小籠包 台湾・台北「京鼎樓(ジンディンロウ)」小籠包
216529-03 216529-03
台湾・台中「宮原眼科」パッケージ 台湾・台中「宮原眼科」パッケージ
台湾唯一の扇形車庫2 台湾唯一の扇形車庫2
ノスタルジックな老街 ノスタルジックな老街
217133-02 217133-02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#おすすめ #フーツァイ #合菜