> > > > 意外な料理も登場!ぜひ味わいたい、マルタのおすすめ料理6選

意外な料理も登場!ぜひ味わいたい、マルタのおすすめ料理6選

Posted by: あやみ
掲載日: Feb 9th, 2019.

地中海に浮かぶ島国「マルタ」では、伝統的な料理から新鮮な魚介類を使った料理、イタリア料理、お手軽なファーストフードまで幅広い料理を味わうことができます。マルタに行ったらぜひ味わいたい美味しい料理を6つご紹介。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ヴァレッタのレストラン街
地中海に浮かぶ島国「マルタ」では、伝統的な料理から新鮮な魚介類を使った料理、イタリア料理、お手軽なファーストフードまで幅広い料理を味わうことができます。しかし、グルメ大国の日本と比べると、料理の選択肢は若干少なめな印象でした。そこでマルタに行ったらぜひ味わいたい美味しい料理を6つご紹介。


パスタ


ジェノベーゼパスタ イタリアに近いマルタには、美味しいピッツアやパスタが豊富。どのレストランにも大抵、イタリア料理がありました。中でもオススメなのが、パスタです。マルタの首都、ヴァレッタにある「Pastaus」のジェノベーゼは絶品。クリーミーで濃厚かつ、ちょうど良い量です。ちなみにオーダーする際は「ジェノベーゼ」ではなく「ペスト・ジェノベーゼ(pesto genovese)」と言わないと伝わらないので注意が必要。ご存知の方も多いかもしれませんが、ジェノベーゼとはイタリアのジェノヴァ(場所)のことなんです。

ポルチーニ茸のパスタ こちらはスリーマにある「UC Cafè」のポルチーニ茸のパスタ。やや濃い目の味付けでしたが、ポルチーニ茸とアーモンドの香りのハーモニーがたまりません。量は2人前はありました。このカフェでは手作りスイーツも味わえますよ。また、どちらのレストランの店員さんもフレンドリーで好印象でした。
 
Pastaus
住所:vlt 1426 La Valette, Malta Old theatre street
電話番号:+356 2702 3141
営業時間:11:30 〜23:00
Facebook:https://www.facebook.com/pastaus?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral
 
UC Cafè
住所:slm02 Sliema, Malta rudolf street 135
電話番号:+356 2713 5071
営業時間:月-土7:00〜22:00、日8:00 〜14:30
Facebook:https://www.facebook.com/UC-Caf%C3%A9-Sliema-malta-676328272510118/

タコ料理

タコのサラダ 海外では「悪魔の食べ物」とされ、食べない国の方が多いタコですが、マルタではよく食べられています。タコのフリッター「カラマリ」や「タコのサラダ」など、新鮮でプリプリとしたタコを使った料理はとても美味しく、ぜひ味わいたい料理のひとつです。上の画像はスリーマにある「Ta’ Kris Restaurant」のタコのサラダ。海外に行くと野菜不足になりがちですが、タコのマリネと一緒にトマトやキュウリも食べられて大満足しました。

Ta’ Kris Restaurant
住所:SLM1670 Sliema, Malta 80 Fawwara Lane
電話番号:+356 2133 7367
営業時間:12:30〜23:00
HP:http://www.takrisrestaurant.com/

クロワッサン

チョコレートクロワッサン マルタ滞在中に虜になったのは意外にもクロワッサンでした。特にチョコレートクロワッサンはヌテラ(チョコレートペースト)がたっぷりと入っていてお気に入りに。甘党ならぜひ一度は味わって欲しいです。また、マルタの軽食パスティッツィもパイ生地でサクサクしていて美味。お店によって味が異なるので、色々なお店のパスティッツィを味わってみるといいかもしれません。リコッタチーズや豆のペースト、ひき肉などがギッシリ入っていて、ランチにも最適です。

マルタパン

マルタパン 外は固めで、中はフワフワのマルタパンは、マルタ料理やイタリア料理との相性がバツグン。マルタパンは噛めば噛むほど味わい深く、このパンとカプチーノだけで朝食を済ませることもできます。おそらく水質が異なる日本では、マルタのパンと同じ味を出すことはできないでしょう。マルタに行ったら味わいたい一品です。マルタのレストランで料理をオーダーすると高い確率でマルタパンもついてきますので、食べきれない場合は、テイクアウトして翌日の朝食にするのもオススメ。

チーズ

チーズ盛り合わせ マルタではチーズがお手頃価格で手に入ります。種類も豊富でスーパーに行くと、どのチーズを買おうか迷ってしまうほど。色々なチーズを一気に味わいたいのなら、レストランやバーでチーズの盛り合わせをオーダーするといいかもしれません。

バーでオーダーしたチーズの盛り合わせは、大きくカットされたゴルゴンゾーラチーズ、チェダーチーズ、カマンベールチーズなどが山盛りでした。これらのチーズをクラッカーにのせたり、ハチミツをつけて食べます。マルタのビール「チスク(CISK)」との相性も最高でしたよ。

フレンチフライ

フレンチフライ
マルタ滞在中に一番たくさん食べたのは、なんと「フレンチフライ」。量が多くて、お手頃価格(2~3ユーロ)で、冷めても美味しいんです。日本のフレンチフライは冷めると、しんなりして味が落ちてしまいますが、マルタのフレンチフライはジャガイモの品種や育った土壌が異なるためか、冷めてもしんなりせず、ジャガイモの持つ甘さが残ります。筆者は日本に持ち帰りたいくらいマルタのフレンチフライが気に入りました。

番外編:和食

マルタのお寿司 マルタで食べたお寿司も結構、美味しかったです。海に囲まれている国だけあり、ネタも新鮮でした。そのため、和食が恋しくなったら、お寿司を食べに行くのもいいと思います。マルタの和食屋には、お寿司以外にも焼きうどんや味噌汁、天ぷらなどがありましたよ。ただし、どのメニューもやや高めで、量が多いです。筆者が訪れた和食屋のお寿司の盛り合わせは3人前、天ぷらは4人前以上(女性の場合)ありました。

今回、ご紹介した料理以外にも、うさぎ料理やフイッシュスープ、ラビオリなどマルタには美味しい料理がたくさんあります。日本ではなかなか食べられないマルタ名物のサボテンのジャムやリキュールを味わってみるのもいいでしょう。

マルタについては、以下の記事でもご紹介しています。

『【地中海の絶景孤島】マルタ共和国ってどんなとこ?』
『世界最古の巨石神殿も!マルタの田舎を堪能できるゴゾ島』
『日帰りの旅、マルタからフェリーでシチリア島へ行ってきた』
『中世の街並みが残る、マルタの古都「イムディーナ」がすごかった』
『地中海沿岸で味わう、マルタのストリートフード』
『甘さ控えめで男性にもおすすめ!小さくて可愛らしいマルタスイーツ』



[Photos by あやみ & Shutterstock.com]

あやみ

Ayami ライター
都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、フリーランスになる。辛い食べ物、東南アジアが大好き。旅するように生きるのが人生の目標。


| グルメ,グルメ,ヨーロッパ,ヨーロッパその他,現地ルポ/ブログ


ヨーロッパその他のグルメ関連リンク

270844-05_shutterstock_698032993 270844-05_shutterstock_698032993
251882-04 251882-04
チョコレートクロワッサン チョコレートクロワッサン
イムディーナの夜 イムディーナの夜
欧州5か国で寿司を食べた日本人が驚いたこと8選 欧州5か国で寿司を食べた日本人が驚いたこと8選
忘年会シーズンが来る前に知っておきたい、世界の乾杯事情 忘年会シーズンが来る前に知っておきたい、世界の乾杯事情
カラフルで美しい!モナコにある海の家カフェ カラフルで美しい!モナコにある海の家カフェ
美味しい朝ごはんで朝活!早朝からオープンしている都内カフェ4選 美味しい朝ごはんで朝活!早朝からオープンしている都内カフェ4選
古代のワインを東京でも!8000年前の味を守り続ける「グルジアワイン」 古代のワインを東京でも!8000年前の味を守り続ける「グルジアワイン」
【無形文化遺産を探る旅】料理からグラス工芸まで!長寿食「地中海の食事」 【無形文化遺産を探る旅】料理からグラス工芸まで!長寿食「地中海の食事」
1 2 NEXT

#マルタ