> > > > 【連載】海外の嘘のような本当の話/第1回「オランダではキスマークが切手の代わりになる!?」

【連載】海外の嘘のような本当の話/第1回「オランダではキスマークが切手の代わりになる!?」

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

「本の週」には本を持って無料の電車旅

【連載】海外の嘘のような本当の話/オランダ人はケチじゃない?オランダで無料になった3つのモノ

こちらは、オランダの鉄道会社NSが実施している「無料の電車の旅」(Reis gratis met de trein)というサービス。オランダには「本の日」ならぬ「本の週」(Boekenweek)があり、通常は3月上旬あたりの10日ほどがその期間に設定されます。

2016年は3月12日(土)から20日(日)までが本の週でした。その最終日20日に、NSがスポンサーとして出版しているエスター・ヘリッツェン(Esther Gerritsen)さん著「Broer」という本を持参して乗車すれば、電車賃が無料になるというサービスを実施したのです。本自体が12.5ユーロ(2016年3月現在1ユーロ約126円)かかりますが、オランダも電車賃は決して安くはなく、例えばアムステルダムからオランダ南部のマーストリヒト(Maastricht)という街まで行こうと思ったら日曜日のオフピークでも定価で25.5ユーロもかかります。その差額は魅力ですよね!

この「本の週の最終日曜日に無料乗車」できるサービスは毎年恒例なようで、昨年2015年は20万人が利用したのだとか。やはり、オランダ人はお得情報に目がない様子?

,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,オランダ,現地ルポ/ブログ,豆知識


オランダの現地ルポ/ブログ関連リンク










まさにアートギャラリーのような趣の館内 まさにアートギャラリーのような趣の館内
1 2 3 4 5 6 NEXT

#トリビア #実話 #無料