> > > > ありえない!日本人がアメリカの結婚式・披露宴で驚いたこと5選~お好きな時にお帰りください~

,,, | 豆知識,アメリカ,北アメリカ

ありえない!日本人がアメリカの結婚式・披露宴で驚いたこと5選~お好きな時にお帰りください~

ライター: トゥルーテル美紗子
更新日: Nov 17th, 2016

人生の一大イベントである結婚式と披露宴。国によってずいぶんお祝いの仕方が異なります。ここでは日本人ならびっくりするような、そして肩の力が抜けるようなアメリカの祝い方についてまとめてみました。


ドレスコードがある

日本人がアメリカの結婚式・披露宴に行って驚いたこと5選~お好きな時にお帰りください~
アメリカの結婚式・披露宴では、テーマを決めてコーディネイトするのが定番です。夏なら「ビーチスタイル」、レトロファッション好きなら「60年代」、読書が趣味なら「本」など、テーマ設定はかなり自由。

日本でもテーブルクロスと装花の色を揃えたり、好きなキャラクターを使ったりしますが、アメリカは出席者の服装まで指定してしまうのが大きな違い。招待状に、「当日のドレスコードは『60年代』です」などと書いてあるのです。

テーマに沿って「何着よう?」「どうアレンジしよう?」と考えるのは、とても胸躍る作業です。
何より当日、参列者全員で記念撮影をすると、全体のトーンがまとまっているのでとてもいい写真が撮れます。会場も一体感に包まれます。

日本でも取り入れられつつあるブライズメイドとグルームズマンも、お揃いの服装が素敵です。

ご祝儀はお好きな額を。オンラインでもどうぞ


日本人がアメリカの結婚式・披露宴に行って驚いたこと5選~お好きな時にお帰りください~
日本では、式場へ入る前に受付でご祝儀袋を渡しますよね。まるで入場料で、ご祝儀を持っていなければ参列できないかのようです。ご祝儀の金額にもマナーがあります。友人・同僚なら3万円、後輩・部下なら5万円、親戚なら10万円・・・。結婚式が続くとちょっと大変です。

アメリカでは、現金を贈ることが日本ほど一般的ではありません。贈るとしても、好きな額を(なんとなくの慣習はあるものの)包んで新郎新婦に手渡します。
また、新郎新婦が事前に選んだ「ほしいものリスト」の中から一品選び、ネットで注文するのもポピュラーな方法です。本人たちがほしくない物を贈ったり同じものを贈ってしまったりすることがないため、とっても合理的です。

現金でもネット注文でも、日本ほど高額ではありません。友人・同僚なら$100前後といったところ。何より、日本のように半ば強制的に払うことはありません。「払いたいなら払って」というスタンスが軽やかです。




,,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識,豆知識