> > > > 世界6大猫スポット、台湾の猫村「猴硐(ホウトン)」で可愛いを見つける旅

世界6大猫スポット、台湾の猫村「猴硐(ホウトン)」で可愛いを見つける旅

ライター: 春奈
掲載日: Feb 2nd, 2017. 更新日: Jul 13th, 2017

台湾に、CNNが選んだ「世界6大猫スポット」のひとつがあるのをご存じでしょうか。それが台北近郊にある「猴硐(ホウトン)」。

狭い範囲に100匹の猫が暮らす猴硐の猫村は、猫好きにはたまらないスポット。そんな猴硐猫村の魅力をご紹介しましょう。


炭鉱の町から猫の町へ


(C) Haruna Akamatsu

猴硐周辺は、かつて台湾きっての炭鉱の町として栄えていました。ところが、1990年の鉱山閉山に伴い、ピーク時は6000人以上いた人口も数百人に激減。なかば廃墟のようになっていました。

しかし、2009年に猫好きの有志たちの活動によってインターネット上で注目され、「猫村」として人気に。国内外から猫好きが集まる観光地に生まれ変わったのです。

電車を降りたらそこは猫の村


(C) Haruna Akamatsu

猴硐へのアクセスは、台北駅から電車でおよそ40~50分。ノスタルジックなローカル線、「平渓線」も停車するので、平渓線の一日乗車券を買って、沿線の古い街並みや自然とあわせて楽しむのがおすすめです。

猴硐駅で電車を降りた瞬間、そこには「猫村」の世界が広がっています。


さっそく、駅のホームでくつろいでいる猫を発見。

(C) Haruna Akamatsu

猫の飾りつけがされた、ホームへと続く通路を猫がスタスタ。

(C) Haruna Akamatsu

(C) Haruna Akamatsu

駅構内にも猫の休憩スペースや、猫のイラストが描かれたパネル、猫グッズなどを売るショップもあり、町全体で猫村人気を盛り上げようとしている様子がうかがえます。


駅のトイレだって、もちろん猫デザイン。

(C) Haruna Akamatsu

(次のページに続く)


,,,, | アジア,台湾,観光,観光


台湾の観光関連リンク

駁二芸術特区4 駁二芸術特区4
台湾唯一の扇形車庫2 台湾唯一の扇形車庫2
ノスタルジックな老街 ノスタルジックな老街
213575-01 213575-01
214042-03 214042-03
【台湾旅行記】一人旅でも「独り」じゃなかったレトロな台中~見る・買う・食べる~ 【台湾旅行記】一人旅でも「独り」じゃなかったレトロな台中~見る・買う・食べる~
もう一度行きたいあの場所<5>台湾東海岸で大自然に魅了される。花蓮・台東 もう一度行きたいあの場所<5>台湾東海岸で大自然に魅了される。花蓮・台東
台湾へ週末旅!観光やグルメを無理なく満喫【台北旅行一泊二日モデルコース】 台湾へ週末旅!観光やグルメを無理なく満喫【台北旅行一泊二日モデルコース】
秋旅に週末台湾旅行はいかが?弾丸でも楽しむコツやおすすめ台湾グルメ 秋旅に週末台湾旅行はいかが?弾丸でも楽しむコツやおすすめ台湾グルメ
リピーターにおすすめ、台北だけじゃない台湾のおすすめ観光地8選 リピーターにおすすめ、台北だけじゃない台湾のおすすめ観光地8選
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

アジア 台湾 観光 観光