> > > > 日本人が意外に知らない、ヨーロッパ主要8か国の国民性とは?

日本人が意外に知らない、ヨーロッパ主要8か国の国民性とは?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ベルギー

小国でありながら、EUの本部やNATOの本部が置かれているヨーロッパの中心、ベルギー。ベルギーの人々は、自国が「EUの中心」であることを大変誇りにしています。おおらかでのんびりとしたベルギー人は細かいことを気にせず、あくまでもマイペース。周辺国からジョークのネタにされても気にしません。

ベルギーには「ベルギー語」はなく、地域によって公用語がフランス語、フラマン語(オランダ語のひとつ)、ドイツ語に分かれています。それもあって、南部はラテン的で社交的、北部は勤勉で頑固といったふうに異なる性質を持っており、「ベルギー人」とひとくくりにできないところがあります。

ベルギー人は自分の出身地にプライドを持っており、北部と南部では、言語や文化の違いによる対立もあるほど。そんな背景からか、ベルギー人は問題の妥協点を見つけて解決することに長けています。そんなベルギーは、EUの本拠にぴったりなのかもしれませんね。

スイス

人口800万人弱の小国にもかかわらず、EUに加盟せず独自路線を貫くスイスの存在感は決して小さくありません。

ヨーロッパの中央部にありながら中立を選択したことが象徴するように、スイス人はきわめて愛国心が強く、プライドが高いといわれています。そのため、仲良くなるまではとっつきにくい印象を受けるかもしれません。「自分の国は自分で守る」という意識が強いため、新しいものや異質なものを警戒する心理があるのです。

そんなスイス人は、日本人すらルーズに見えてしまうほど、勤勉で真面目な倹約家。日本人と結婚しているスイス人が日本人配偶者に抱く不満は、「欲しくなったら衝動買いしてしまう計画性のなさ」だったりするのだとか。

ただし、地域によってドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語を話すスイスでは、言語圏により気質も異なるとされています。フランス語を話すスイス人はフランス人のように自分好き、ドイツ語を話すスイス人はドイツ人に似て心配性といった具合です。割合でいえばドイツ語を話す人が最も多いため、ややドイツ人に似た要素をもつ人が多いといえるでしょう。

ありえない!日本人がスイスで驚いたこと7選〜精算前に開けてOK!〜」からも、スイスならではの一面が垣間見れますよ。

イタリア

陽気なラテン系のイメージを代表するのがイタリア人。他のヨーロッパ諸国に比べ、イタリア人は時間にアバウトです。イタリア人に「5分待って」と言われたら、「30分待って」と言われたと解釈したほうがいいかもしれません。ヨーロッパの中では温暖で太陽の出ている時間が長い南国気質に加え、各人が自分の時間を生きているために独特の時間感覚があるようです。

ダーリンはイタリア人!〜「君はキレイ」は社交辞令!? 国際恋愛をしてわかった5つのこと〜でもお伝えしたように、男性ならば、「ナンパ好き」「女好き」というイメージも付いて回りますね。日本人ならキザだと思うような行為をサラッとできてしまうのがイタリア人なのです。

「ちょい悪」という言葉にも象徴されるように、ちょっと悪くてカッコイイ雰囲気の男性が多いイタリアですが、実はマザコンが多いことで有名。独身男性の大半が親と同居し、同居していなければ毎日のように母親と長電話。さらには、困ったときはなにかと「マンマ・ミーア!(お母ちゃん!)」と叫び、イタリアでは母子癒着が「マンマミズモ」と呼ばれ社会問題にもなっているほどです。

実は、イタリア人には「自分はイタリア人だ」という意識が希薄で、「ジェノヴァ人」「フィレンツェ人」といったように地元意識が強いのが特徴です。現在のイタリアという国ができたのは1861年のことで、かつて小国の集合体だった頃の影響が今もあるのです。食に関しても地元意識が根強く、「ジェノヴァ料理」「トスカーナ料理」など、各地域の料理と考え、地元の料理が一番おいしいと思っています。もっといえば、「うちのマンマのパスタが一番!」なのです。

(次のページに続く)

, | 豆知識,ヨーロッパ,イギリス,フランス,イタリア,ドイツ,スイス,スペイン,スウェーデン,ベルギー,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識


イギリスの豆知識関連リンク




日本とはまるで異なる元旦の朝食風景。イギリス南東部のオックスフォードシャーの友人宅にて 日本とはまるで異なる元旦の朝食風景。イギリス南東部のオックスフォードシャーの友人宅にて




キューガーデン キューガーデン
ロンドン ミュージカル ロンドン ミュージカル
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#国民性 #歴史