> > 校則みたい?フライトアテンダントの窮屈な規則

,,, | 豆知識

校則みたい?フライトアテンダントの窮屈な規則

Mar 6th, 2016

飛行機での快適な旅行のヘルプをしてくれる、フライトアテンダント。にっこり笑顔の彼らは、実はこんな規則の下で就業していました。

就業前

校則みたい?フライトアテンダントの窮屈な規則

1. 感じのよい人柄、傷跡、ニキビ、シミのない美しい肌、良い視力。(ジェット・エアウェイズ Jet Airways)

校則みたい?フライトアテンダントの窮屈な規則

2. 212センチの高さに、爪先立ちして手が届くこと(頭上の収納の高さと思われる)。(エミレーツ航空 Emirates)

3. 2年以上の接客経験要。(アラスカ航空 Alaska Airlines)

4. 足に入れたタトゥーの禁止。15デニールのストッキングでカバーできないもの不可。(ブリティッシュ・エアウェイズ British Airways)

5. ニコチン禁止。応募半年前には禁煙していること。(アラスカ航空 Alaska Airlines)

6. 157cmから188cmの身長要。(ライアンエアー Ryan Air)

校則みたい?フライトアテンダントの窮屈な規則

7. 舌のピアス禁止。(ブリティッシュ・エアウェイズ British Airways)

8. 手首のタトゥー禁止。腕時計は控えめなデザインのもの。(ブリティッシュ・エアウェイズ British Airways)

9. 未婚の女性(乗員就業経験のない女性の場合)。(ジェット・エアウェイズ Jet Airways)

10. 約23kg(50lb)を下ろせる、約10kg(22lb)を頭上に持ち上げる力があること。(ウエストジェット航空 West Jet)

11. BMI指数に当てはまる体重であること。(チェコ航空 Czech Airlines)

青山 沙羅

,,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!