> > > 日本でも浸透中!リトルフリーライブラリーという新しい読書の楽しみ方

,,,,,,, | トレンド,中国,鳥取県

日本でも浸透中!リトルフリーライブラリーという新しい読書の楽しみ方

May 29th, 2016

読書好きの心をとろかすような、素敵な取り組みがあります。その名はリトルフリーライブラリー(Little Free Library)。2009年にアメリカで始まり、日本でもゆっくりと浸透しつつあります。一体どのような運動なのでしょうか。

気軽に作れる私設図書室

日本でも浸透中!リトルフリーライブラリーという新しい読書の楽しみ方
(C)Little Free Library

リトルフリーライブラリーとは、ざっくり言えば「小さな私設図書室」です。郵便ポストのような木箱に、10冊から20冊程度の本を並べて私有地に設置します。

本好きの方なら、一度は「私設図書室を作りたい」と夢見るのではないでしょうか。その夢が、リトルフリーライブラリーで気軽に叶えられるのです。
10冊から20冊という数も絶妙ですよね。できるだけバラエティ豊かに、でもこのシリーズは外せない・・・とセレクトに熱が入りそうです。

実際に近所のライブラリーをのぞくと、特定の作家の小説が多かったり絵本中心だったりキリスト教の本ばかりだったりと、オーナーの趣味嗜好が伺えて興味深いものです。

トゥルーテル美紗子

,,,,,,, | トレンド,中国,鳥取県


気になる国の記事を検索!