> > > 推理小説を読んでいるような興奮を覚える「何か」を探す旅行記3選

,,,,,,, | アジア,アフリカ,アフリカその他,イタリア,バングラデシュ,ポルトガル,ヨーロッパ,豆知識

推理小説を読んでいるような興奮を覚える「何か」を探す旅行記3選

Aug 15th, 2017

読めば旅に出たくなる?「何か」を探す旅行記3選
読書の良いところは、登場人物たちの経験を通して疑似体験をできるところ。特にノンフィクションの旅行記は、自分も一緒に旅をしているような気分になれます。今回は、「本の著者たちが好奇心に駆られ謎解きの旅に出た」旅行記をご紹介したいと思います。異国情緒に酔いしれるとともに、まるで推理小説を読んでいるような興奮を覚えられる3冊です。

「バウルの歌を探しに バングラデシュの喧騒に紛れ込んだ彷徨の記録」

読めば旅に出たくなる?「何か」を探す旅行記3選
まず1作目は、元国連職員としてパリに5年半間住んだ川内有緒さんの「バウルの歌を探しに バングラデシュの喧騒に紛れ込んだ彷徨の記録」。そう、パリではなくバングラディシュを旅した記録をまとめた本です。

国連職員の立場を手放し日本に帰国した川内さんは、かつて在職中に出張で訪れたバングラディシュで耳にした「バウルの歌」という言葉を思い出します。ユネスコの無形文化遺産に登録されたバングラディシュの伝統芸能である「バウルの歌」は、神秘的な吟遊詩人が奏でる音楽と歌のこと。600年の歴史を持つといわれるバウルの歌は、無形文化遺産に登録されているのに依然謎の多い存在で、川内さんも最初の出張ではその存在に接触することはかないませんでした。

読めば旅に出たくなる?「何か」を探す旅行記3選
現地バングラディシュ人にとっても、バウルは滅多に姿を見ることができない存在。歌の内容も宗教なのか、哲学なのかも判然としません。そのバウルの謎を解くため、川内さんは再度バングラディシュを日本人カメラマンと共に訪れ、12日間かけてバングラディシュを彷徨するのです。

現地の協力者たちとの出会いや彼らの波乱万丈な人生、バングラデュの熱気を感じさせる風景描写、謎に迫る興奮。読者である我々も、川内さんと一緒にバウルの謎を追っている錯覚を感じます。バウルの歌の謎を解明できたのかどうかは読んでからのお楽しみですが、そのしっとりとした読後感に、きっと最初から読み返してみたくなることでしょう。

「前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って」

読めば旅に出たくなる?「何か」を探す旅行記3選
2冊目は、ルポ・エッセイなどを書かれる森下典子さんの著作「前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って」。森下さんが雑誌のコラム連載を担当されていた時に、その企画の一環で霊能力者にご自身の前世を見てもらう機会を得ます。そして、その際に出会った霊能力者に言われた「ルネッサンス期の彫刻家だった」という言葉が頭から離れなくなるように。前世という概念を疑いつつも、相次ぐ偶然の発見や出会いに突き動かされ、ついには関わりのあるイタリア・フィレンツェとポルトガルのポルトに旅立つのです。

読めば旅に出たくなる?「何か」を探す旅行記3選
「前世」という言葉に拒否感を覚える方もいるかもしれませんが、それは著者である森下さんも同様のスタンスでした。その分、彼女が謎に巻き込まれ、その好奇心を抑えられなくなっていく様子はリアルで説得力があります。

そして謎の彫刻家「デジデリオ」に関する様々な事実が、ばらばらだったパズルのピールがひとつずつ埋まっていくように分かっていく様子はスリリングですらあります。美術に関する知的好奇心も満たされ、まるで読者である我々も一緒にフィレンツェの街を旅しているような気分になれる本です。

読後はきっと、何かの謎を解く旅に出たくなるのではないでしょうか。

最後の一冊は、アフリカの秘境への旅!

倉田直子

,,,,,,, | アジア,アフリカ,アフリカその他,イタリア,バングラデシュ,ポルトガル,ヨーロッパ,豆知識


気になる国の記事を検索!