> > 海外でもバタートースト人気!シンガポール&マレーシアのバタートースト事情

,,,,, | グルメ,ショッピング

海外でもバタートースト人気!シンガポール&マレーシアのバタートースト事情

Feb 18th, 2014

海外のバタートースト事情 〜シンガポール&マレーシア編〜
©Roti Bakar, Thick Toast/PappaRich Malaysia


シンプルで飽きのこないおいしさが魅力のバタートースト。ここ最近ブームの兆しを見せていますが、海外にはトースト文化が古くから定着している地域もあります。そのひとつが東南アジアのシンガポールとマレーシア。
ちょっと意外かもしれませんね。

コピティアムと呼ばれる町のカフェでも、 フードコートでも、チェーン系カフェでも、さまざまな場所でトーストが味わえます。 また、パンの厚さに焼き方(トースト、スチーム、炭火焼など)からトッピングまで、それぞれの店ごとに異なるのも面白いところ。

今回はシンガポールとマレーシアよりこだわりのトーストがいただけるチェーン系カフェをピックアップしてみたいと思います。

トーストボックス(シンガポール)


まずはシンガポール発の「Toast Box(トーストボックス)」。店名にもなっている「トースト」が名物の同店では、 バター&練乳、ピーナッツバター、オタック(魚のすり身とスパイスを混ぜたもの)、トムヤム・ガーリックなどさまざまな種類のトーストを取り揃えています。食べやすく切り分けて供されるところが好感度大。トーストとシンガポールスタイルの甘いコーヒー、トロトロ半熟卵のセットが定番メニューとなっています。

sweetsholic

,,,,, | グルメ,ショッピング


気になる国の記事を検索!