> > > 夕暮れ後の深い青空「ブルーモーメント」って知ってる?

,,,,,, | ヨーロッパ,ロシア,豆知識

夕暮れ後の深い青空「ブルーモーメント」って知ってる?

Jun 10th, 2015

夕暮れ時の深い青空

函館山で、市街地の夜景を取ろうと、夕方から展望台に上り、日が暮れるのを待っていたときのこと。

たった数十分、夕暮れの後に訪れる魅惑の空
(C)Akiko Imai

日が陰っていくにつれて、ポツリポツリと明かりがともり始め・・・。

たった数十分、夕暮れの後に訪れる魅惑の空
(C)Akiko Imai

空の色がだんだんと藍色になっていきました。

たった数十分、夕暮れの後に訪れる魅惑の空
(C)Akiko Imai

そして時間とともに空の藍色はさらに濃くなり、あたりは闇に包まれました。この真っ暗になる前の、幻想的な藍色の空はいったい何? あまりにも印象が強く、ずっと気になっていましたが、後で調べてみると、どうやらこれは「ブルーモーメント」と呼ばれる現象だったようです。

日本で見られるのはたったの数十分

ブルーモーメントとは、もともと北欧で生まれた言葉です。

たった数十分、夕暮れの後に訪れる魅惑の空

緯度の高い北欧やロシアなどでは、夏至の近くになると真夜中でもこのような色の空なのだとか。いわゆる、「白夜」と呼ばれる状態ですね。

高緯度以外の地域では、ブルーモーメントは日没後の数分~数十分間現れます。雲ひとつない快晴で、空気が澄んでいるときに現れやすいといわれています。

ちょうどこの、ブルーモーメントの現れる時間帯は、「逢魔時」とも呼ばれ、魑魅魍魎(ちみもうりょう)に出会う禍々しいときとされています。

確かに、昼間の暑さがひと段落し、生ぬるい風の吹く宵の口に、こんな色の空だったら、わけもなく心がかき乱されてしまいそうですね。


[あおぞら・めいと]
[Photo by Shutterstock.com]

今井明子

,,,,,, | ヨーロッパ,ロシア,豆知識


気になる国の記事を検索!