> > > ありえない!日本人がメキシコで驚いたこと5選〜バッグ持参で入店不可!?〜

,,, | メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,豆知識

ありえない!日本人がメキシコで驚いたこと5選〜バッグ持参で入店不可!?〜

Dec 12th, 2017 | 坂本正敬

路上にシマウマ!?メキシコで【日本人旅行者がビックリ】した5つの出来事
今からだいぶ昔、十代のころの話になりますが、メキシコのティファナに出かけた経験があります。そのとき同行したメンバーは初海外に近い人たちだらけで、現地と日本の違いにびっくりしてしまった覚えがあります。

そこで今回はティファナという限定された土地に関する話ではありますが、メキシコで体験したカルチャーショックを当時のメンバーにも聞いて、5つにまとめてみました。

 

お店にバッグを持って入店できない

路上にシマウマ!?メキシコで【日本人旅行者がビックリ】した5つの出来事
大きな百貨店やスーパーマーケットはもちろん、路面にある個人店であっても、メキシコでは大きいバッグを持ったまま入店できません。実際に筆者も店主にリュックサックを預けて店内を物色した覚えがあります。

聞くところによると、万引きや窃盗が少なくない土地がらのため、盗難防止のために大きなバッグを持ったままのショッピングを禁止しているのだとか。だいぶ昔の話のため、現状も調べてみましたが、今でも状況は同じみたいですね。

 

アメリカからメキシコへの入国は簡単でも、メキシコからアメリカへの出国は厳しい

路上にシマウマ!?メキシコで【日本人旅行者がビックリ】した5つの出来事
当時はアメリカからチャーターバスでフリーウェイを走りメキシコに入りましたが、入国はあっけなく終わりました。というよりもパスポートすらチェックされた記憶がありません。

しかしメキシコからアメリカに戻る際には審査が厳重で、同じくバスでの通過だったのですが、対応が全く異なりました。長く待たされた上にバスを下ろされ、ボディーチェックから持ち物検査まで、入念に行われます。何を買ったのかも細かく調べられ、傍らでは屈強な警備員だか警察官だかが入国者一人一人に目を光らせていました。「ちゃんと出国できるかな」と不安になった当時の筆者・・・。両国の関係を肌で感じた瞬間でした。

とはいえ屈強なスタッフもこちらがやましい行為をしていないと分かると、笑顔を見せてくれます。筆者の場合は軽く談笑して打ち解けた後、去り際に握手を求めると、笑顔で手を握り返してくれました。

その男性は手を握ったまま人差し指だか中指だかを動かし、こちらの手のひらの内側を指先で何度かなでてきました。意味が分からずに笑顔を返しましたが、後に移動したロングビーチでアメリカ人に聞いてみると、「お前とチョメチョメしたい」という意味だと教えてもらいました。

次の驚きは、少し深刻なお話。
 

坂本正敬

,,, | メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,豆知識