> > > 【旅の失敗談と解決策】海外でかかったありえない病気 フィリピン編「赤痢」

,, | アジア,フィリピン,旅のハウツー,現地レポート

【旅の失敗談と解決策】海外でかかったありえない病気 フィリピン編「赤痢」

Mar 5th, 2017

せっかくの海外旅行なのに、病気にかかって身動きできない・・・。そんな状況はできるだけ避けたいものです。水道水が飲める国もあれば、水道水がキケンな国もあり、海外と国内では当然ながら衛生事情が異なります。

海外旅行中、「お尻から油が流れ続ける」という世にも奇妙なありえない症状にかかった友人もおりますが(おそらく食べ物によるもので数日でおさまったそう)、筆者もフィリピンでありえない病気にかかりました。戦後には2万人近くの死者を出したという「赤痢(細菌性赤痢)」です。

海外でかかったありえない病気 フィリピン編「赤痢」

赤痢にかかったシチュエーション

海外でかかったありえない病気 フィリピン編「赤痢」 (写真はイメージです)

イチゴやレタスのおいしいフィリピンの避暑地・バギオに取材で訪れたときのことです。最終日の夜に向かった、とてもキレイな某和食レストランで食べた何かが原因で赤痢にかかりました(※レストランで食事をした取材班全員が同じ症状を訴えたため、ここが原因だと判明)。インテリアもお料理もとても素敵だったので、ついうっかり生野菜を食べてしまったのがよくなかったのかも。

赤痢とは? 症状

赤痢には「細菌性赤痢」と「アメーバ赤痢」があり、前者は赤痢菌、後者は寄生虫の赤痢アメーバが原因の感染症です。

赤痢の感染源は人間で、感染者の糞便やそれを触った手指など。水道水が飲めない国では、レストランの氷や生野菜を使ったサラダ、生ものなどにも注意が必要です。また、感染者が作った料理を食べること(※トイレに行ったあとで手を洗わずに調理した場合など)で感染するので、レストランを選ぶ際には衛生管理の行き届いたところを選びたいものです。

バギオから帰宅後の翌朝。発熱、嘔吐、激しい下痢に襲われました。「もう生きていられないかもしれない・・・」と思うほどの辛さで、ベッドとトイレの往復を何時間も繰り返しました。

sweetsholic

,, | アジア,フィリピン,旅のハウツー,現地レポート


気になる国の記事を検索!