> > 外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, | グルメ,ショッピング,ホテル・旅館,観光,豆知識

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

Jun 8th, 2015

海外から日本を訪れる人たちが「せっかく日本に行くのだから体験してみたい」と思っている事とは何なのでしょうか?

住み慣れてしまうと当たり前になり過ぎて、なかなか気づかない日本の良さやおもしろい点が私たちの身近にたくさんあるはず。今回は日本を訪れる多くの外国人旅行者が、日本で体験してみたいと思っている人気項目を19個お伝えします。

神社仏閣巡り

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

どこか神秘的で、荘厳な美しさが漂う神社仏閣。観光名所としても知られている有名所はもちろんですが、地元の人しか知らないような小さな神社やお寺こそ独特の魅力を感じるそう。特に、東京や大阪など大都市の中にひっそりと佇む神社仏閣は、そこだけ別世界のような空気が漂っていて、周囲に広がる現代的な日本の景色とのそのギャップにハっとさせられるのだとか。信仰と伝統が、現代の日本人の生活や心の奥底に息づいている事がよくわかりますね。

宿坊に泊まる

「お寺、日本の精神、日本の神秘をもっと知りたい」という外国人に人気なのが宿坊。普段日本で暮らしていても、なかなか出遭うことのない非日常を体験できる宿坊は、私たち日本人にもたくさんの気づきを与えてくれるのではないでしょうか。

お祭や伝統行事を楽しむ

1年を通して様々な伝統行事が行われる日本。たくさんの人々で賑やかに盛り上がるお祭りは、その楽しい雰囲気はもちろん、日本ならではの伝統や日本人の熱い心を肌で感じることができると外国人観光客に大人気。また、お祭りに欠かせない屋台も日本のお祭りならではの楽しみ。金魚すくいやヨーヨー釣りを楽しんだり、いろんな種類の屋台フードに挑戦したり、お祭りは、日本ならではの体験がたくさんできる機会なのです。

温泉、銭湯に行く

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

温泉大国日本。日本では温泉街まで特別に足を伸ばさなくても、けっこう身近に温泉や銭湯がありますよね。そんな日本で実に多くの外国人観光客が「体験してみたい」と思っていることのひとつが、日本の入浴文化を体験することなのです。特に、自然に囲まれた情緒溢れる露天風呂にすごく感動する人が多いそうですよ!

日本酒を堪能する

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

日本食ブームと共に、世界中で広く親しまれるようになってきた日本酒。とはいっても、海外で手に入る日本酒の種類は限られています。訪れる先々で地酒を楽しむ日本の旅というのも、なかなか粋な楽しみ方ですね。

旅館に泊まる

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

純和風の畳のお部屋、温泉、和食、日本のおもてなしの心をたっぷりと体感できる旅館。機能的でモダンなホテルもいいですが、旅館でしか味わうことができない良さがありますよね。

懐石料理を食べる

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

見た目の美しさやおいしさはもちろん、季節感や精神性を大切にし、お皿のひとつひとつにまでこだわる懐石料理。その繊細な美しさと奥深い日本の食文化には、確かに目を見張るものがあります。

カラオケに挑戦する

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

今や世界中で愛されている“Karaoke”。そんなカラオケの発祥の国である日本で本場のカラオケを体験してみたいそうです。日本のカラオケボックスではドリンク飲み放題というところが珍しくありませんが、「何杯おかわりしても無料だなんて信じられない!」と、飲み放題のシステムに感動するそうです。

小さな村々を訪れる

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

「もっとディープな日本が知りたい」というちょっとマニアックな人は、日本人でもなかなか観光に訪れないような、小さな村々にこそ魅力を感じるそう。周囲を山に囲まれ、一面に田んぼが広がる素朴で静かなその風景に、古きよき日本、昔のままの日本を感じるのでしょう。

お寿司を食べる

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

世界的に有名なジャパニーズフード(日本食)といえば、やっぱり“SUSHI”! 近年では、海外でもお寿司が食べられるレストランがたくさんあり、日本国外でも気軽に食べられるようになりましたが、やはり本場のお寿司は格別。高級寿司店だけではなく、気軽にお手頃価格でおなかいっぱい食べられる回転寿司が人気です。

日本の庶民の味、ご当地グルメを堪能する

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

“SUSHI”や“TEMPURA”だけではない日本食。ラーメン、カレー、お好み焼き、コロッケ、焼きそば、おでん・・・などなど、日本にはまだまだおいしいものがたくさんありますものね。このように海外ではなかなか食べられない庶民の味や、ご当地グルメにこそ、ディープな日本の食文化が詰まっているのではないでしょうか。

日本の伝統芸能を楽しむ

現代では日本の伝統芸能を楽しむ日本人が少なくなってしまいましたが、一方で歌舞伎や日本舞踊を鑑賞したり、茶道や華道を体験して、日本ならではの文化に触れてみたいという外国人観光客が増えてきています。伝統芸能はなんとなく難しいというイメージを持っている人も多いと思いますが、せっかく日本に住んでいるのだから、たまにはそれに触れて面白さに気づきたいですね。何百年もの長い間大切に受け継がれてきた伝統を、後世にも残してゆきたいものです。

居酒屋に行く

お手頃価格でお酒だけではなく、種類豊富な料理を楽しめる居酒屋さん。みんなでワイワイ楽しくお酒も飲めて食事もできる、「バー」でも「レストラン」でもない居酒屋は、日本独特の文化のひとつ。特に昔ながらの小ぢんまりとした焼き鳥屋さんが人気。小さいけれど居心地の良い独特の空間と、おいしい焼き鳥とお酒にハートを鷲掴みされるようです。

新幹線に乗る

ほとんど揺れることなく、高速で滑るようになめらかに走り抜ける新幹線。その飛ぶような速さはもちろん、乗り心地の良さは世界中の驚きと賞賛の声を集めています。

満員電車を見る

できることなら乗りたくない満員電車。ぎゅうぎゅうに人が電車に詰め込まれている満員電車の様子に海外の人たちは大きな衝撃を受けるそうです。そんな「クレイジー」かつ「日本の大都市を象徴する光景の一部」である満員電車。「乗りたくないけれど、一目見てみたいと!」と思うそうです。

ふぐを食べる

外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと

海外では「猛毒を持っていて、ヘタをすると死ぬかもしれない魚。食べてはいけない」というイメージが強いふぐ。「そんな毒のあるものを、わざわざ高いお金を払って食べたがる意味がわからない」という外国人が多い中、怖いもの見たさでふぐを食べたいという人も。もちろんちゃんとしたお店で食べれば毒にあたって死ぬことなんてありませんが、大丈夫とはわかっていても、やっぱり少しドキドキしながらふぐを食べるそうです。

デパ地下巡り

おいしいものがずらりと並ぶデパ地下。実に種類豊富なお惣菜、デザートに高級フルーツなど、様々な食材が揃うデパ地下はまさに「食の天国」。日本の食文化を垣間見ることもできるデパ地下は、外国人観光客にとっての秘かな人気観光スポットなのです。

お弁当を食べる

小さな箱に、栄養や色のバランスを考えて、様々なおかずが詰められたお弁当。日本人にとっては馴染み深いお弁当ですが、これも日本ならではの“クール”な文化。最近では“キャラ弁”ブームなどの影響もあって、海外でも“Bento“が広まっており、ぜひ本場のお弁当を食べたいという人が増えているそうです。特に新幹線に乗りながら食べる駅弁が人気です。

家電量販店に行く

とにかく商品の数が多い日本の家電量販店! 日本国内でしか手に入らない商品はもちろん、日本製のものを日本で買いたいという熱烈な日本製品ファンも。家電好きなら丸一日近く楽しめそうですね。

いかがでしたか?

海外の人の目線になって日本を見ると、身近なところに日本ならではの楽しみがたくさん発見できるのではないでしょうか。


[Japan Talk/102 Things To Try In Japan]
[Photo by Shutterstock.com]

小坂井 真美

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, | グルメ,ショッピング,ホテル・旅館,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!