> > > バリ島でよく聞く「ワルン」って何?在住者のオススメ「ワルン」はココ!

,,,, | アジア,インドネシア,グルメ,現地レポート

バリ島でよく聞く「ワルン」って何?在住者のオススメ「ワルン」はココ!

Aug 27th, 2017

ワルンって?レストランとの違いは?

147717-1
ワルン(Warung)とはインドネシア語で「食堂」や「小さな売店」を意味し、中でも観光客が使うことの多いワルンは「食堂」の方。ローカルなワルンでは普通の旅行では食べることのできない地元民に愛されるインドネシア料理を食べることができます。

1つのワルンでは基本的に数種類しか食べ物が用意されておらず、バッソ(肉団子スープ)のワルンはバッソ専門店、バビグリン(豚の丸焼き料理)のワルンはバビグリンの専門店となっているため、食べたいものから人気のお店を探すスタイルがおすすめです!

ワルンの良さは味やローカルな雰囲気だけでなく、なんといっても値段の安さ。ローカルなだけあり1食なんと100円~300円程度のお店が多く、観光客向けのレストランと比べると非常に安く、かつ美味しいローカルフードを楽しむことができてしまいます。

最近は観光客向けにアレンジされたオシャレなワルンも増えてきており、「ローカルな飲食店は衛生面でちょっと・・・」という方にはそちらがおすすめですよ。

では早速、在住者おすすめのワルンをご紹介。
 

「バリ島旅行のみかた」編集部

,,,, | アジア,インドネシア,グルメ,現地レポート


気になる国の記事を検索!