> > > 日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?

,,,,,,,,, | アジア,グルメ,ミャンマー,現地レポート

日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?

Mar 19th, 2017


・グリーンマンゴーのサラダ

グリーンマンゴーの漬物に、玉ねぎと青唐辛子、ピーナッツやゴマなどを和えたサラダ「Thayet chin thohk」。ミャンマー語で「 thoke/(ア)トゥ」はサラダという意味だそうです。

・緑茶のピリ辛サラダ「ラペットゥ」

日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?
(C)sweetsholic

お茶の葉の漬け物と豆(yellow beans)や干しエビ、ピーナッツ、ゴマ、ニンニクなどを辛く炒ったものをサラダ仕立てにしたもの。 

日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?
ラペットゥにはイラストのように、さまざまな食材が入ります。ミャンマー語で茶葉を意味する「 Lahpet/ラペッ(ユェッ)」と、サラダという意味の「 thoke/(ア)トゥ」でラペットゥ。

日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?
副菜としてだけでなく、お茶請けにも。

・スパイスの効いた炊き込みご飯「ダンパウ」
インドやパキスタン料理の炊き込みご飯「ビリヤニ」を思わせるダンパウ。スパイスの効いたご飯にチキンを乗せて炊き上げた、ミャンマースタイルのビリヤニです。

・日本人ファンも多い汁麺「モヒンガー」

日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?
魚で出汁をとったライスヌードルの汁麺に、卵やさつま揚げ、ハーブ類をトッピング。

・魚のピリ辛スープ「モウンラ・ウ・チン・イェイヒン」
魚と大根などの野菜を、タマリンドを入れて煮込んだスープ。タイ料理のトムヤムクンや、中華料理の酸辣湯を思わせる味。

・鶏肉の煮込み料理「チェッターヒン」

日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?
鶏肉をニンニクやショウガ、玉ねぎなどで炒めて煮込んだカレー風味のおかず。



sweetsholic

TABIZINEをフォロー

2017年4月1日よりTABIZINEのSNSアカウントが新しくなりました。 読んだら旅に行きたくなる、そんなTABIZINEの記事をSNSでも配信してまいります。 ぜひご登録をお願いいたします。

,,,,,,,,, | アジア,グルメ,ミャンマー,現地レポート


気になる国の記事を検索!