> > > 「台湾のウユニ塩湖」、高美湿地できれいな夕日を見るための3つの条件

,,,,, | アジア,台湾,絶景

「台湾のウユニ塩湖」、高美湿地できれいな夕日を見るための3つの条件

Sep 8th, 2017

「台湾のウユニ塩湖」、高美湿地できれいな夕日を見るための3つの条件 (c)Sawako Suganuma 

台中市の中心から約20km西にある高美湿地は、水鏡が空を写す絶景が見られることから、日本人の間で「台湾のウユニ塩湖」と呼ばれる場所。

夕日の名所ですが、この地で美しい夕日を見るにはいくつかの注意点があります。あらかじめ知っておき、すばらしい夕焼けに出会う確率をアップさせましょう。

台中から鉄道とバス利用で約1時間半

「台湾のウユニ塩湖」、高美湿地できれいな夕日を見るための3つの条件 (c)Sawako Suganuma 

高美湿地は、台中駅から鉄道で約45分の清水駅で、178番または179番のバスに乗って約30分。清水駅からはタクシーに乗ることも可能です。戻りの最終バスは21:00発。現地にもタクシーがいるので、それで清水駅や台中市中心部まで戻ることもできます。

屋台や飲食店が並ぶ高美湿地周辺

「台湾のウユニ塩湖」、高美湿地できれいな夕日を見るための3つの条件 (c)Sawako Suganuma 

バスを降りると、高美湿地はすぐそこです。湿地へと続く土手の向かいには、食べ物やビーチサンダルを売る屋台がずらりと並び、トイレもあります(有料)。できたての小吃を買って、土手の上から湿地を眺めつつ味わうのも楽しいです。

「台湾のウユニ塩湖」、高美湿地できれいな夕日を見るための3つの条件 (c)Sawako Suganuma 

建物の中で座ってゆっくり過ごしたければ、赤と白の灯台から北へ600mほどの所にあるカフェ「高美覓咖啡館」がおすすめです。2階または屋上席で湿地を眺めつつコーヒーや食事が楽しめ、Wi-Fiも利用可能。日没までまだ時間があるときに利用するといいでしょう。

[高美覓咖啡館]


さわこ

,,,,, | アジア,台湾,絶景


気になる国の記事を検索!